出典 ameblo.jp

#世界を取り巻く大蛇

<別名ミドガルズオルム>
ヨルムンガンドとは「大いなる丸太」を意味し、その大きさはミッドガルド(人間界=大地)を取り巻いても余る程のため、自分の尾っぽを咥えて大地に横たわっているとされる。
親はロキで、兄弟には巨狼フェンリルと冥界の女王ヘルがいる。この兄弟をよく思わなかったオーディンによって大地に捨てられてしまうのである。

<ライバルは雷神トール>
過去二度に渡り敵対していたが決着はつかなかった。そして三度目の対峙はラグナロクになる。しかしトールはヨルムンガンドの毒で、ヨルムンガンドはトールのハンマーの一撃で倒れ、引き分けとなる。

この情報が含まれているまとめはこちら

神話・伝説の"幻獣"まとめ(神話編)

神話や伝説に出てくる幻獣を紹介しています。だいたいヨーロッパ系の外国が多いです。画像はイメージなので、それそのものではありません。

このまとめを見る