出典 www.famitsu.com

#大地を支える巨大な魚

<大4層で大地を支えるバハムート>
イスラムの神が大地を創造し、天使が大地を支え、天使をルビーでできた山で支え、山を巨大な雄牛クジャタが支え、クジャタを支えるためにバハムートが生み出されたとされている。
バハムートの巨大さの例えで「バハムートの鼻孔の1つに海をおいても、砂漠に置かれた芥子菜の種のように小さい」と、その巨大さがわかる。

<原点はベヒモス>
ベヒモスがイスラムに伝わった時にアラビア語としての読みに変ったのものと考えられている。
ちなみに、伝承では巨大な魚のバハムートだが、ドラゴンとして描かれるようになったのはアメリカのテーブルトークRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」だという。

この情報が含まれているまとめはこちら

神話・伝説の"幻獣"まとめ(神話編)

神話や伝説に出てくる幻獣を紹介しています。だいたいヨーロッパ系の外国が多いです。画像はイメージなので、それそのものではありません。

このまとめを見る