1. まとめトップ

名古屋行くなら知っておきたい【手羽先】の上手な食べ方

名古屋にいくならぜひ食べたい名物、手羽先。美味しいですが普段食べて慣れていない名古屋以外の人には、食べづらいだけでなく、そもそも食べ方が分からない、という事も。ぜひ上手な食べ方をマスターしておきましょう。

更新日: 2013年12月15日

24 お気に入り 45390 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canyonstreamさん

名古屋名物、手羽先

鶏の手羽先(羽先)をから揚げにしてタレを塗り、塩・胡椒・白ごまなどを振りかけて仕上げる。パリパリとした食感とスパイスの効いた味が特徴

名古屋名物の手羽先。カリカリの皮には、甘しょっぱい味がたっぷり染み込んでいて、中はと~ってもジューシー!

「食べにくい」という手羽先の難点

手羽先の上手な食べ方を学ぼう

肉片・軟骨ひとつ付いていない骨状態になるまで手羽先を食べると、お店の人はシアワセになる

上手に綺麗に食べられたら、あなたもきっと「名古屋通」!そして、ますます手羽先が大好きになるはずです♪

手羽先の食べ方① まず間接を折る

親指を支点にエイヤッ(ここで気合)で関節を外す

手羽先の食べ方② 骨を外した部分の肉を食べる

大きな身の方を歯で挟んで手で下にひっぱります。骨から身がすぽっと抜けて感動もの♪

軽くかじりながら抜くと、骨からスルっと肉が取れてスマートに食べられる

手羽先の食べ方③ 細いほうも美味しくいただく

手羽先は残りの細い方だって食べられます。

1 2