1. まとめトップ
12 お気に入り 56845 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Hiro_00_さん

★沿革

スタバの歴史は1970年にシアトルのバークレイのコーヒー販売店である「ピーツ・コーヒー」で、深煎りのアラビカ種のコーヒーに魅せられた英語教師であるジェリー・ボルドウィンさんと作家のゴードン・ボーガーさんの二人から始まります。

1971年・4月
「スターバックス・コーヒー・ティー・アンド・スパイス」創業。
ジェリー・ボールドウィン、ゴードン・バウカー、ゼブ・シーゲルの3人で。シアトルのパイク・プレイス・マーケットに1号店開店。

ジェリー・ボールドウィンは「ピーツ・コーヒー&ティー」のアルフレッド・ピートに
コーヒーの選別、焙煎、ブレンドなどを教えてもらったようです。

当時は、コーヒー焙煎の会社にすぎなかった。

1972年・4月
シアトルのワシントン大学近くに2号店開店。

1982年度
ハワード・シュルツ(現:CEO)が、小売・マーケティング部門の役員としてスターバックス コーヒーに入社。
スターバックス コーヒー社はこの年より、シアトルで名のあるレストランやエスプレッソバーに、コーヒーの提供を始める。

1983年度
イタリアに出張したシュルツが、ミラノでエスプレッソバーの人気の高さに感銘を受ける。
フィラデルフィアと同規模の都市、ミラノに1,500軒ものエスプレッソバーがあることを知り、シアトルで同様のコーヒーバー文化を展開することに潜在性を見出す。

1984年
スターバックスが、ピーツ・コーヒー&ティー社を買収。

1985年
12月、シュルツはスターバックス社を退社し、イル・ジョルナーレ社を設立。

1987年 8月
イル・ジョルナーレ社が地元の投資家たちの支援を受け、スターバックス コーヒー社の資産を買収。社名をスターバックス社に改める。

1990年
・社訓「ミッション・ステートメント」を起草。
・シアトルの本部拡張。
・焙煎工場を新規建設。
・10月、年間収支がはじめて黒字転換。
・総店舗数84店。

1992年
・2月、店内音楽のオリジナルCDの試験販売をする。
・6月26日、ナスダック市場に株式上場(SBUX)。
 コーヒーショップとしては全米初。
・総店舗数165店

1995年度10月
スターバックス コーヒー インターナショナル社(米国スターバックス社の国際事業部門を担う子会社)と日本の小売・飲食店業 株式会社サザビー(現:株式会社サザビーリーグ)が、日本における店舗展開を目的とする合弁事業で提携を結び、スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社を設立。

1996年
・6月、ボンベト・ホールディング社とシンガポールでの出店で合弁契約締結。シンガポール1号店オープン。
・8月2日、日本1号店・銀座松屋通り店オープン。北米以外では初の店舗。

・総店舗数1015店(日本国内は3店)

1998年
・台湾、タイ、ニュージーランド、マレーシアに出店。
・9月17日 ロンドンにイギリス1号店をオープン。
・総店舗数1886店

1998年度 11月
大阪府に関西地区における第1号店「梅田HEP FIVE店」をオープン。
日本における店舗数(1998年度末):52

1999年
・タゾ・ティー・カンパニー(Tazo Tea Company、プレミアムティーの会社)を買収。
・ヒア・ミュージック社(Hear Music)を買収し、音楽産業にも参入。

1999年11月
日本でキャラメルマキアート販売開始

2000年
・3月11日 <日本>東海地区1号店・名古屋JRセントラルタワー店オープン。

2000年度
4月
九州地区第1号店「福岡ホークスタウン店」をオープン。
10月
東北地区第1号店「仙台エスパル店」をオープン。
11月
中国地区第1号店「岡山ロッツ店」をオープン。

1 2 3