1. まとめトップ
  2. ガールズ

右側?左側?「立ち位置」ではかるカップルの上手なコミュニケーション

異性と歩くとき、並ぶとき、アナタはどちら側にいますか?そこには二人の関係を表すヒントが隠されている様です。また、2人のより良いコミュニケーションのためにも立ち位置を考える事は効果的な様です。

更新日: 2014年01月28日

1391 お気に入り 1180687 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yusffさん

男女の付き合いって『立ち位置』ってものがあると思う。例えば俺なんかは嫁と手繋いで歩いてる時、俺が右側で嫁が左側じゃないと落ち着かない。でもって、向かって左側の歩道を歩いてないと落ち着かない。これって心理学的に分析したら、何らかの面白い統計が得られると思うんだけど、どうなんだろう。

カップルによって立ち位置には居心地のいい、悪い側があるようです。

アナタは左側、右側?
異性と歩くとき、並ぶとき、アナタはどちら側にいるだろうか?いつもと違う位置に異性が来たり並ばれたりすると、居心地が悪かったり、しっくりしない感覚の時などはないでしょうか?
その感覚にはしっかりとした根拠があり、上手なコミュニケーションをはかるためのヒントが隠されているのです。

男性が右側を取る事の方が多いみたい

ルミナリエのバイトで何百組のカップル見てるけど右側が彼氏で左側が彼女で歩くのが圧倒的に多いことに気づいた

圧倒的とまで言われるとそこになんらかの根拠があると考えられますね。

必ず男の左側を歩きたがる女の行動がウザい。

どうしても女性は男性の左側を歩きたがるものだのでしょうか。

ヒーロー/supercell,もう恋なんてしない/槇原敬之,M/プリプリのどれもが男が右で女が左という位置どりだが、法則でもあるのだろうかという疑問

歌詞の中でも男性と女性の立ち位置は男が右、女性が左というケースが多いようです。

彼氏が右側かな。付き合い長いカップルとか夫婦って自然と落ち着く立ち位置が決まってくるでしょ?

二人の関係が安定してくると自ずと立ち位置も固定されてくるのでしょうか。

実は何気なく並んで歩くカップルのほとんどが「男性が右、その左手側に女性」という組み合わせだというのをご存じですか? もちろんその逆のカップルもいますが、この手の調査では大体7割以上がこの組み合わせになるというからビックリです。

調査でも男性が女性の右側をとる傾向が強いのは実証されているようです。何気ない行動に大きな傾向があるという事はそこに心理的、本能的な理由があるという事でしょうか。

お雛様の立ち位置に見る男女の立ち位置

「論語に『天子南面』という言葉があります。これは、皇帝などの偉人は南に向いて座り、北面は臣従することを意味しています。また、南に向いたときに日の出の方角(東。つまり左手側)が上座で、日没の方向(西。つまり右手側)が下座とされています。
この考え方は雛人形にも当てはまり、本来は『男雛が左、その右手側に女雛』を飾ることが当然でした」

つまり当時の考え方で、優れている男性が左、劣るというのは語弊がありますが男性のサポート的役割の女性は右にということで、このような並べ方になったというわけですね。

天皇即位の礼で国際儀礼に従い天皇陛下は右、皇后さまはその左側に並ばれたことから桃の節句でもそれに伴い「お内裏様とお雛様の位置」にも変化が生じた

国際化に伴い国際儀礼に従って、右側が上座であるという考え方が浸透して来た結果、昭和天皇の即位の礼を機に雛人形の立ち位置に左右逆転の変化が起こった様です。

男性優位の考え方を基本として、上座と下座の歴史的逆転を機に雛人形の立ち位置も変化して来たようですが、現代社会では男性優位という考え方も古いものとなっています。そう考えると、また別の根拠があるはずです。

カップルの並び方に支配欲、依存傾向が見え隠れ!?

男性は利き手で外敵と戦い、反対の手で隣の人を守るらしいです。
利き手を自由にする事は、相手を支配したいという深層心理の表れだそうです。

人には他人に侵されたくない、自由にしておきたい領域「パーソナルスペース」というものがあり、この領域は右側のほうが広く、その領域がなくなると立場が弱くなってしまいます。
簡単に言ってしまえば、利き手を自由にすることは相手を支配したいという深層心理の表れなんだそうです

一般的に右利きの人の方が多い事を考えると、右側をとる人が左側の人に対して支配欲求を持っているという事になります。

私も車の助手席の位置かなー。国産車の彼氏と付き合っている時は左。外車の彼氏と付き合っている時は右。

車の運転の際は、運転する人が全てを支配しています。そういった生活の中での支配関係が立ち位置にも意識下で影響しているのでしょうか。

一般的に、本能的に闘争本能がある男性が右側を空けておき攻撃がしやすい状態を保ち、守られる側の女性がその左をとる。また、心理的にも支配欲求の強い側が右を取るようで、支配される側つまり守られる側は左をとる事が多くなるようです。生活の中で、車の運転者であったり日本では左側通行のため男性が右側を歩き女性を守るように、実践的な意味でも男性が右側をとる傾向が強くなるようです。

今、立ち位置の逆転が起きている

肉食系男子や俺様男の場合は相手が右で私は左。草食系や沈黙系男子の時は私が右で相手が左。

以前は、左側にいるのが当たり前かと思っていた。異性といると何故か自然に自分が左側にいた。しかし最近は私が右側に来ていることの方が多いような気がする。これは私の隣に来る男性が時代に伴って肉食男子から草食男子へと移行しているからなのか……、付き合い方やリードの逆転?などの変化であろうか……。

昔に比べ草食男子が増えてきていると言われる中、男女の支配関係にも逆転が起きているようで、そういった支配、依存の関係の逆転がカップルの立ち位置を逆転させているようです。利き手等の関係もありますし、単純に判断してはいけませんが、左側を男性が歩いている場合、カカア天下だったり肉食女子草食男子カップルなのかな、と想像しながら人間観察するのも面白いかもしれません。

あえて立ち位置を逆転させてみると面白いかも

右脳左脳による恋愛アドバイスによると「男性は左側、女性は右側」を歩くことを勧めている。

女性は左耳で男性の声を聞き、それは情緒を司る右脳に届きます。男性は右耳で女性の話を聞き、理性を司る左脳に届きます。情緒豊かな女性と理性的な男性の長所を生かした並び方となるそうです。

顔の左側を見せると優しそうな印象を与えられます。
一般的に左半分は優しい印象を与え、右半分は冷たい印象を与えれるとされています。

優しい印象を与えたい時に相手の右側に出て顔の左側を見せるというのも意識下での影響がありそうですね。

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1