1. まとめトップ

香りのデザイナー、「調香師」への就職が超難関だった

"香りのデザイナー"、"香りの演奏家"である「調香師」という職業。香水や食品香料などを、様々な香料を調合し紡ぎ合わせるとてもクリエイティブな職業です。でも、調香師ってどうやって、どこの会社に就職するの?大学は何学部?年収は?など、一般の人にはベールに包まれた調香師の仕事をご紹介します。

更新日: 2013年12月17日

1 お気に入り 386 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

scententiaさん

調香師とは

調香師(ちょうこうし)は、食品や香粧品の香料を調合する職業。フレーバー(食品香料)を調香する調香師はフレーバリスト(en:Flavorist)、フレグランス(香粧品香料)を調香する調香師はパフューマー(en:Perfumer)とも呼ばれる。

調香師にも2通りあって、食品香料担当の「フレーバリスト」と、
香水をつくる「パフューマー」にわかれます。

調香師がつくるもの

シャンプーなど、香水以外の香りも、パフューマーが作ります。

食品香料は、調香師の中でも「フレーバリスト」が担当します。

調香師になるには?

・スクールに入学する
・独学で何とかする

いずれにせよ、時間とお金をかけずにはなれない職業なのです。

1