1. まとめトップ

【天才ブロガー】加藤はいね傑作選①

いやいやいや。まだまだ加藤の時代。メイビー。

更新日: 2013年12月19日

47 お気に入り 127975 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiiro0517さん

▼プロフィール(2013年12月時点)

加藤はいね(33)
中野区在住 看護師
プライベートはね、シベリアっつーかツンドラ。
不活性で怠惰なアタシの肉体の神秘に迫ったり迫らなかったりします。

他には「処女」「ジブリ好きらしい」「不二子に憧れているかもしれない」「処女」「佐藤が好き」「絵もイケる」「処女」など。

▼ブログ「私の時代は終わった。」傑作選

友達んとこの2歳児が「えーびぃーしぃーでぃー」とか歌ってたので、
32歳の軽い気持ちで「ハロー」とか話しかけたら、
すげぇネイティブっぽい発語で怒濤のごとく何か言われたのち、
あまりの通じなさに2歳児に多少苛つかれながら、
もう30年なにしてたの?鎖国なの?って目で見られつつ、別れたわけですが。

買い物帰りに友達と乗った大型エレベーターがガラガラで二人っきりだったので。
私たちは、はしゃいだ。


『ちょっとちょっと、ノリ子あれやらない?』

『でたー!エレベーターガールごっこ?』

『やるっきゃないっしょ?人生にそうそうないよ、こんなシチュエーション』

『じゃあ、あたしエレベーターガールやる』

『ずりぃーノリ子!じゃあ私、新米エレベーターガール・ノリ子を後ろから痴漢する男役!』

『加藤へべぇー!子供にはさせらんない遊びだなぁー』

ポーン・・2階でドアが開いた。

アリアドネという名は「とりわけて潔らかに聖い娘」という意味があるそうです。
ほぼ、私のことですね。              加藤はいね (30才処女)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


9年目にして配属された病棟の看板に、
「救命救急病棟」って書いてあったのです。がびーん。


いやー、人事の人さー「4階西病棟」つってたから、
「4西、4西」口酸っぱく言ってたからさー、
すっかりね、そのあだ名に踊らされて、
病棟の本名聞くの忘れてたわー。

ところで私と一緒に吊り橋で揺れませんか?



ものすっげぇ好きな男がいまして、
呪いの紙人形みたいな薄っぺらい、人生のどこかに花を置き忘れてきたような外見と、
熱血でも稀薄でもなくアルデンテな芯の一本残る性格が
格別に好きで、

何より一緒にいると超ド級に楽しい。


なのに、だ。

好きな人がいる。佐藤だ。


10年来の地元の友達にやましい気持ちを抱いて4年。
2回告って、2回振られた。
ついに最近、連絡が取れなくなってきた。

片思いというのは、定期的に連絡が取れなくなったら、
本当に為す術の無いことを知る。


む、無力だ。

私、私の書く文章を読んだ上で私のことをイイって言ってくれる男性がいてくれたとしたら、結婚してしまうかもしれない。


バガボンドの26巻、読んだ?

すげぇから。

最初から最後まで、武蔵が吉岡一門の70人を斬り捨てていく様が延々と描かれています。

去年のクリスマスについての考察をします。


あの日のメリークリスマス!およそ3か月前。
音速の貴公子かしらってくらい駆け抜けてった12月24日。

30歳のあたしのイヴ。
記念すべきクリスマス・イヴ。
・・・職場の忘年会でした。

あるよね。そういうこと。社会人だもんね。飲ミニケーションっつーの?
大事だよね。職務だよね。うん。

中古で買った洗濯機が、手負いの獣みたいな子で。


いや、なんか、長年使ってた洗濯機が突然トトロみたいになっちゃって。

なんていうかな、「開始ボタン」を押すコトとかって、
もはや洗濯には避けては通れない道なんですが、
なんつーかな、20回くらい押して、ようやく1回洗濯が開始できるみたいな。

1 2