1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

redzeanさん

アメリカ合衆国の天才シンガー・ソングライター

出生名Sara Beth Bareilles
出生1979年12月7日(35歳)
アメリカ合衆国カリフォルニア州ユーリカ[1]
出身地アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンルポップス、ポップ・ロック
職業シンガー・ソングライター、ピアニスト
担当楽器声楽、ピアノ、ギター
活動期間2003年-現在
レーベルエピック
共同作業者エリック・ロッシ

グラミー賞ノミネート歴を持つアメリカ合衆国のシンガー・ソングライター、ピアニスト。 2007年のシングル「こんなハズじゃなかったラヴ・ソング」が大ヒットを記録し、米ビルボードのPop 100チャートでは第1位を記録した。

失恋ソングを多く歌うサラ

代表作「こんなハズじゃなかったラヴ・ソング」は全世界で大ヒット

「こんなハズじゃなかったラヴ・ソング」が全世界22カ国で1位を記録

King Of Anything

Gonna Get over You

ケイティ・ペリーがサラの曲をパクッたと物議をかもす

ケイティ・ペリーと言えばラッセル・ブランドと離婚したりそれでもアメリカの西野かな的な人気のある彼女。リアーナとクリス・ブラウンとの復縁に口を挟んでみたりとゴシップ的な話題が多い

その2曲がコチラ

このウワサについてサラは...

Brave"は4月にリリースされビルボードヒットチャートでも61位まで上がったヒット曲。しかしケイティがパクッたという噂はかなり当たっているようで、

ケイティは5月に"Brave"のビデオリンクとともにサラに"I heart you @Sarabareilles"とツィートメッセージを送り、曲のファンであることを公言していた。一方、サラはケイティにパクられたという大騒ぎに対しクールに「愛よ、みんな。すべて愛」とツィートしていた。

サラが大人の対応。

東北にて震災復興ボランティア活動

2011年5月の来日公演も大盛況のうち終了し、その後自ら東北にて震災復興ボランティア活動を行い、親日家としても知られる。

寄付ではなく、サラ本人自ら東北にて震災復興ボランティア活動をしていたことはあまり知られていない。サラの優しさと心の広さが歌手として成功した理由の一つであることに間違いない。

この映像は、2011年5月にサラ・バレリスが初来日した際、バンドやクルーのメンバーと自ら岩手県大船渡市へと足を運び、被災地でのボランティア活動に参加した模様を収めたものだ。震災直後に多数の海外アーティストが来日をキャンセルする中、サラ・バレリスは東京と大阪での公演を終えた後、約1週間にわたりボランティア団体の一員として、被害を受けた建物や公共道路のがれき撤去などの活動を行なっていた。

1 2