1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

日本独自のDJカルチャー秋葉系DJが今話題に

最近クラブやネットで話題の秋葉系DJについてのまとめ

更新日: 2016年11月19日

667 お気に入り 91802 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

macmicroさん

あるクラブのDJのガイド本が、話題に・・・・

秋葉系DJガイドって雑誌に電波組のねむきゅん出てる!

何気なくツイートしたのにご本人からふぁぼられてふえぇぇってなってる。眠気飛んだ。秋葉系DJガイド買って良かった!

その本の内容とは・・・・

新たなDJシーンにフォーカスしたガイド本『GROOVE presents 秋葉系DJガイド』が、11月21日に刊行

注目DJ×50人や、DJプレイの具体例となる選曲解剖、人気イベントの紹介、これからDJを始めたい人に向けたDJセットの導入ガイドなど内容盛りだくさん

「選曲解剖」の項ではアニソン編=DJシーザーさん、ボカロ編=はじめちゃんさん、ゲーソン編=いたずら黒うずめさん、アイドルソング編=サオリリスさんが登場し、DJプレーの具体例を紹介

秋葉系DJとは・・・・

2008年ごろ、エディットカルチャーが再注目される過程で、ネット・レーベルなどで活動するクリエイターがアイドルやアニメの曲をエディットしプレイ

DJ機材が多様化し、しかも機材の値段が下がったおかげでDJを始めるハードルが下がり

音楽ジャンルの枠を軽々と飛び越え、しかしひとつのカテゴリとしてクラブシーンで注目を集めているのがアニソンやアイドル、ボカロ(VOCALOID)、ゲームミュージックといった“オタク寄り”な楽曲

それらの楽曲と既存の(あるいは最新の)ダンスミュージックを並列に扱い、新しい楽しさを生み出し

アニソンからダブステップやベースハウス何でもあり

日本独自のDJカルチャー

イベントに顔を出して印象に残ったのは、観客のみなさんもよく楽曲を知っていること

従来のクラブ・カルチャーとは一線を画したルーツを持ちながらも、着実にフォロワーを増やしている秋葉系DJの世界。

アニソン、ボカロ系のDJってすごく盛り上がってて、今までのオタクの流れとは別の新しい層

サビの部分でみんなで大合唱して、とか。とにかく楽曲愛や、そのシーンに対する愛が尋常じゃない

このシーンに関わるDJやVJやお客さんは、とにかく受け入れる心が広い。音楽ジャンルもタグも、面白いと思うことや、良さがあるものは、すべからく貪欲に掘り下げるし、自分から発信していく。

1 2