1. まとめトップ

現金受け取りに不正支出…金がらみの疑惑オンパレードな東京都知事

東京都の猪瀬直樹前知事が医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受けとっていた問題で辞職まで追いこまれ、後を継いだ舛添都知事も私的に公用車、高額の海外出張、私的流用疑惑とカネ絡みの疑惑オンパレード…大都市の知事がこんなたいらくでいいの?

更新日: 2016年06月21日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 22525 view
お気に入り追加

■ラスト登庁の舛添都知事 花束なし拍手なし疑惑説明もなし

政治資金流用問題などの責任を取り、21日付で辞職する東京都の舛添要一知事が20日午前、都庁に登庁した。夕方退庁するまで知事室で約6時間、残務整理などをこなした。

 この日が最後の登庁となったが慣例となっている職員による花束贈呈などセレモニーはなし。午後4時すぎに庁舎を出るまで、報道陣の質問にも一切答えなかった。

13年12月に猪瀬直樹前知事が退庁する際には、職員約60人が拍手で送った。12年10月の石原慎太郎元知事には、約1000人が見送りに訪れ、映画「ロッキー」のテーマ曲が鳴り響いた。

 都によると、舛添氏が政治資金で購入して持ち込んだ絵画などの美術品が知事室に残っており、21日までに撤去する。舛添氏は撤去の手続きなどもしたもよう。美術品の点数は不明だが、都は撤去費用を負担しないという。公用車で別荘通い、家族旅行で訪れた温泉旅館で打ち合わせなど、数々の公私混同を指摘されてきた舛添氏。最後の最後は自腹を切ることになった。

 舛添氏は15日の都議会本会議で辞職理由を述べて以降、会見をキャンセル。政治資金の私的流用疑惑の説明責任は果たさぬまま、都庁を去った。

■笑い止まらぬ舛添氏 都知事辞職でも“条件成立”で勝ち逃げ

21日に都知事を辞職する舛添要一(67)。17日の定例会見をすっ飛ばし、退任会見もナシ。「公金タカリ」の疑惑は闇のままだ。知事の椅子から引きずり降ろされたショックで人前に出られないのかと思いきや、そうじゃないらしい。舛添は「してやったり」と高笑いしているというのだ。

「舛添知事と都議会自民は13日の議会総務委の開催前から、密かに辞職について話し合っていた。そこで、舛添知事は辞職を受け入れるための“ある条件”を示していたとささやかれています」(都政担当記者)

“ある条件”とは①告発状が出ている政治資金規正法違反容疑の捜査を検察にさせない②百条委員会は開かない③20日の集中審議を開かない④辞職してほとぼりが冷めたころ、政界復帰を含めた何らかのポストを用意する――だったという。

 これが事実なら何とも身勝手極まりない話だが、さすがの自民も当初、すべての条件をのむのはムリ――と突っぱねたらしい。

 その“膠着状態”が急展開したのは14日夜。舛添が知事室を出て都庁玄関前から公用車に乗り込み、わずか2分後に都庁に戻った時だ。

「“条件”をのまない自民に業を煮やした舛添知事は『解散』とケツをまくった。そこで都庁を後にしたワケですが、これに慌てた自民が折れた。『すべての条件をのむ』と公用車に電話を入れ、舛添知事は都庁に引き返して辞職が決まったらしい。しかし、自民はそんな話を表にできるわけがなく、それで、有権者ウケを狙って『ついに不信任決議案提出』のアナウンスを流したようです」(前出の都政担当記者)

舛添が会見を開かないため、コトの経緯や真偽は確認できないが、なるほど、確かに百条委の設置は自公の反対で否決され、20日の集中審議も消えた。一部メディアでは早くも検察幹部の「違法性を問うのは難しい」との談話が報じられている。“条件”通りだ。注目のポストは、私大教授のほか、東京五輪絡みの新設組織の役員――なんてウワサも流れている。2000万円超の退職金も手にする舛添にとっては「完全勝利」だ。

 政治評論家の山口朝雄氏がこう言う。

「『クビになったんだから後は知らねェ』と言わんばかりの態度で、まんまと逃げきったような印象ですが、このままウヤムヤで終われば、舛添氏にとっても自民党にとっても大きな闇を抱えることになるでしょう」

 新聞テレビが次期知事候補選びに躍起になっている状況も舛添にとっては好都合に違いない。つくづく許せない男だ。

■苫米地英人氏 舛添要一都知事の辞任は「日本民主主義の歴史に残る汚点」と苦言

16日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、認知科学者の苫米地英人(とまべち・ひでと)氏が、舛添要一都知事が辞任した経緯について、疑問を口にする一幕があった。

番組では「今夜も寝れ9!!」のコーナーで「NYタイムズ『舛添せこい』」と題して、舛添知事の辞任について、ニューヨークタイムズの論調を伝えた日刊ゲンダイの記事を扱った。

苫米地氏は、舛添知事の進退は「東京都民が決めること」だと語った。しかし、「今回は自民党という国家の党の幹部がどうも話をして、辞めてもらったっていうのが結論」であり、それが問題だとした。

続けて、苫米地氏は「一番根本の、東京都の自治の話」という部分が、国家レベルでプレッシャーをかけると都知事が辞める事態になるのだとしたら、「地方自治って口先だけじゃないんですか? 本当に僕は、日本民主主義の歴史に残る汚点だと思いますよ」と苦言を呈した。

さらに、苫米地氏は「面倒くさいかもしれないけれど、もう一回ちゃんと選挙をやって、不信任されたらば辞めるという、都民の総意としてやるべきだと僕は思いましたよ」と語った。

梅沢富美男も強く同意し、「あんだけしぶとく『オリンピックまで何とかしてください』なんて(頭を)下げていたのが、ケロっと『辞めます』なんてのは、何かあったって都民はみんなわかってますよ」と熱弁をふるった。

■<舛添知事>辞職が正式決定…都議会、全会一致で同意

東京都議会は15日午後8時前、政治資金支出などを巡る公私混同問題を受けて舛添要一知事から出されていた辞職願に全会一致で同意した。舛添知事の21日付での辞職が正式に決定した。

 都知事選は、都議会議長が都選管に知事辞職の申し出を通知した翌日から50日以内に行われる。

■4年で3度目の途中退場=石原、猪瀬氏に続き-都知事

東京都の舛添要一知事が政治資金流用などの問題で、ついに辞職に追い込まれた。前々任の石原慎太郎氏、前任の猪瀬直樹氏も任期途中で辞めており、この4年間で「首都の顔」が3度も退場劇を繰り広げる事態となった。

石原氏は4期目途中の2012年10月、衆院選出馬のため、任期を3年以上残し辞職した。その石原氏の後継指名を受け、同年12月の知事選に初当選した猪瀬氏は、医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取った問題で、就任からわずか1年で引責辞職した。

舛添氏はこれに伴う14年2月の都知事選に出馬。20年東京五輪・パラリンピックなどを通じて「東京を世界一の都市にする」と訴えたほか、「金の掛からない政治の実現に全力を挙げる」と主張し初当選した。
 ところが、航空機のファーストクラスや一流ホテルのスイートルーム利用に伴う高額な海外出張費、公用車による別荘通いに加え、私的な支出に政治資金を充てた「公私混同」が相次ぎ発覚。猪瀬氏と同様に「政治とカネ」絡みの問題で都議会の厳しい追及を受け、任期を約1年8カ月残して知事の座から転落した。

■舛添氏が辞職考慮=「連綿とせず」五輪後に判断-公明要求、自民も容認論・集中審議

舛添要一東京都知事の政治資金流用をはじめとする公私混同問題をめぐり、都議会総務委員会は13日、舛添氏に出席を求め、集中審議を行った。この中で舛添氏は、共産党が14日に不信任決議案を提出する方針であることなどを踏まえ、「少しの猶予をいただきたい。知事の座に連綿としがみつくということではない」と述べ、辞職も考慮していることを示唆した。

時期に関しては、8~9月のリオ五輪・パラリンピック後に「私が知事にふさわしくないと判断すれば、不信任決議案を出してほしい」と語り、自身の進退について判断する意向を示した。在任中の給与を辞退する考えも明らかにした。
 約4時間にわたった集中審議では、与党で第2会派の公明党が、舛添氏に「2020年東京五輪・パラリンピックを語る資格はない。辞職すべきだ」と要求。野党で第3会派の共産党も改めて辞職を求めた。

与党で最大会派の自民党内にも、辞職容認論が広がっている。都選出の自民党国会議員は13日午後、都内で記者団に「(舛添氏は)もう辞めるしかない」と語った。
 舛添氏は会期末の15日に不信任決議案が可決された場合、自身の失職と議会解散のどちらを選んでも、リオ五輪の開催期間に選挙が行われることになると指摘。そうなれば、20年五輪に「極めてマイナス」とした。

集中審議で取り上げられたのは政治資金流用に加え、公用車の使い方と高額な海外出張費の3項目。各会派は、13年と14年の1月に家族と宿泊した千葉県木更津市内のホテル代に関連し、舛添氏がホテルで面会したとする出版社社長の実名など、これまで説明が不十分だった点を問いただした。
 しかし、舛添氏は社長の実名だけでなく、公用車で訪れたNHK交響楽団コンサートや東京ドームでの野球観戦で、招待を受けたとする相手について「政治家の信義として言えない」と公表を拒否。従来と同様の答弁を繰り返すにとどまった。

■猪瀬前都知事「舛添さんは自分で辞める権限すら持っていない」

前東京都知事の猪瀬直樹氏(69)が12日、フジテレビの「新報道2001」(日曜・前7時30分)に出演し、東京都の舛添要一知事(67)について「自分で辞める権限すら持っていない」とコメントした。

猪瀬氏は、舛添氏が自民・公明の与党から辞めさせてもらえないとして「自分で辞める権限すら持っていない」「自分で決断できない状況にあるんではないか」と言い切った。「今の舛添さんはこれ以上、自分を弁解するのは不可能だ」などとも指摘し、「都議会は決めかねている。そのジレンマを世間はみている」とした。

 TBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)では、コメンテーターの岸井成格(しげただ)キャスター(71)が「猪瀬さんと同じようになっている」と舛添氏の現在の状況が、医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取っていた問題で辞任した猪瀬氏と同じであることを指摘。その上で「舛添さんが辞めるかどうかは分からない。自公与党が舛添さんに引導を渡すかどうか。それがいつになるのか」と分析した。

■答えぬ舛添氏、荒れる議場=「情けない」与党もあきれる-都議会

舛添要一都知事追及の第2ラウンドとなった8日の都議会一般質問。知事は謝罪を重ねる一方で、詳細な説明を避け、議員や傍聴者から「答えになってない」「辞めろ」と激しいやじが飛んだ。
 質問に立った与野党15人は、全員が政治資金疑惑や高額な海外出張といった知事自身の問題を指摘。「情けない」「見苦しい」といった厳しい言葉の数々に、舛添知事は目を伏せ険しい表情で聞いていた。

来代勝彦氏(自民)は、舛添知事が説明責任を果たしていないと強調。「『疑惑の総合商店』と言わざるを得ない。しかるべき時に身を切る覚悟が必要だ」と迫った。
 「木更津のホテルで面会したという出版社社長とは誰か」と説明を求めた島崎義司氏(自民)に、舛添知事は「6日に弁護士による調査結果を報告した」として答えなかった。
 大島芳江氏(共産)は、提出すべきホテル宿泊代の明細書がないことを疑問視したが、舛添知事は「当時の記憶がないので、答えは差し控える」と述べるにとどめた。
 いずれの質問にも「多大な迷惑を掛けた」「真摯(しんし)に受け止める」と反省の弁を繰り返した舛添知事だが、やじはやまなかった。

■「不適切支出」114万円返金=宿泊・飲食、別荘は売却-辞職否定・舛添都知事

東京都の舛添要一知事は6日夕、自らの政治資金問題をめぐり、第三者として調査を依頼した元検事の弁護士2人と共に記者会見を開き、調査報告書を公表した。報告書は、家族とのホテル・旅館の宿泊費6件と、家族らとの私的な飲食費14件を「違法性はないが政治資金の支出として不適切」と指摘。舛添氏は、約114万円の支出を返金する意向を表明したが、辞職は否定した。

調査は主に、2009年から14年まで舛添氏が参院議員時代に代表を務めた政治団体の収支報告書の支出を対象とした。舛添氏本人や秘書らから事情を聞き、必要に応じ関係資料を入手するなどして調べた。
 報告書は、いずれの支出も政治資金規正法などの法令違反はないと結論付けたが、舛添氏は「けじめをつけたい」として、インターネットのオークションを通じて政治資金で購入した絵画など多数の美術品を美術館などに寄付するとともに、公用車を使って頻繁に訪れていた神奈川県湯河原町の別荘を第三者に売却する考えも示した。
 その上で、舛添氏は「公私の区別を明確にし、信頼を少しでも取り戻すべく、粉骨砕身、都政運営に努めていきたい」と述べ、知事職を続ける考えを改めて表明した。

1 2 3 4 5 6





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど