1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tamazara4さん

とてつもない才能と技術の持ち主!?

スノーボードのハーフパイプで、10年バンクーバー五輪代表の国母和宏(24=クルーズ)が、来年のソチ五輪出場を目指していないことが26日、分かった。

国母はバンクーバー五輪で、選手団公式服装の着こなしが問題視され大きな騒動になった。一方、五輪では8位入賞を果たしていた。

その後はプロ選手として、米国で人気のXゲームなどで活躍。実力は折り紙付きだ。

コーチとしての参加か?

さらに今シーズンは選手としてではなく、コーチとしてスノーボードの代表チーム入りするプランが飛び出した。萩原部長によると、国母本人が「スノーボードが、社会的に認知されるような形で貢献したい」と話したという

。全日本スキー連盟の萩原文和スノーボード部長が「選手としてもう1度目指してほしかったが、本人から目指さないと言ってきた」と明らかにした。5月に直接会った際、伝えられたという。

古川年正競技本部長も「技術コーチ(になる)と聞いている。必要なときに(練習などに)来てもらうのではないか」と話した。

今後も、プロとしての活動は継続する予定だが、テクニカルコーチとして代表選手に指導する機会が出てくる可能性がある。

現役選手がスタッフ入りをすることは異例だが、関係者によると5月29日の全日本スキー連盟の理事会で、既に承認されたコーチ人事の中に名前が入っているという。

1