出典 blogs.yahoo.co.jp

いままでの電池は化学電池だった。

いままでの電池は基本的に電解液に金属の電極を差し込んだもの。電気を流しこみ電解液と金属に化学反応をおこさせて電気エネルギーをため込むものだった。
ゆえに
①液漏れしないために密閉する必要がある
②金属のまわりに化学反応を防ぐような物質が付着して効率が悪くなる
③繰り返し使える回数に限界がある。
④発熱、発火の危険性がある。
⑤急速な高電圧充電ができない(電池寿命が短くなる)。
⑥重い
⑦希少金属を用いることが多く供給が安定しない。高コスト。
という問題があった。

この情報が含まれているまとめはこちら

世界を変える電池?新開発の量子電池が異次元すぎる。

日本マイクロニクス社開発の量子電池があらゆる意味で異次元すぎる。しかも実用まで○○年かかるというありきたりの話ではなく、2014年には製品サンプルが提出されるという。

このまとめを見る