1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

toumorokosiさん

巨頭オ

数年前、ふとある村の事を思い出した。
一人で旅行した時に行った小さな旅館のある村。
心のこもったもてなしが印象的だったが、なぜか急に行きたくなった。

連休に一人で車を走らせた。
記憶力には自信があるほうなので、道は覚えている。
村に近付くと、場所を示す看板があるはずなのだが、
その看板を見つけたときあれっと思った。
「この先○○km」となっていた(と思う)のが、「巨頭オ」になっていた。
変な予感と行ってみたい気持ちが交錯したが、行ってみる事にした。
車で入ってみると村は廃村になっており、建物にも草が巻きついていた。

車を降りようとすると、20mくらい先の草むらから、
頭がやたら大きい人間?が出てきた。

え?え?とか思っていると、周りにもいっぱいいる!
しかもキモい動きで追いかけてきた・・・。
両手をピッタリと足につけ、デカイ頭を左右に振りながら。

車から降りないでよかった。
恐ろしい勢いで車をバックさせ、
とんでもない勢いで国道まで飛ばした。
帰って地図を見ても、数年前に言った村と、
その日行った場所は間違っていなかった。

だが、もう一度行こうとは思わない。

とても怖い

昨日だけで怪談40個は読んだ気がする くねくねと巨頭オと猿夢が怖い

巨頭オ?も気になるよなー絶対に死ぬだろうけど行ってみたい

話の内容としてはそれほど衝撃的なものではない。
どちらかというと「コワい」というより「シュール」な傾向の話。
でも、なぜか後からじわじわ来るのだ。

タイトルにもなっている「巨頭オ」という言葉。
これがワケ分からなくて、不気味。
響きが不気味、というのではなくて、
発音の分かりにくさと意味不明さが、なんだか読む側を置き去りにするような
不思議さをたたえている。
特に最後の「オ」がすごく効いている。

考察

【正体は?】

巨頭オはたぬきが化けたものだと思います。あれの頭は金玉で、たぬきが逆立ちして化けてるんですよ。

【看板の文字が変わっていたのは何故?】

でもよく考えたらその看板不思議だよね。
誰がわざわざ書き換えたんだろう?
役所とかがそうしたんですかね…?

狸にでもばかされたんでしょうかね?
しかし標識の立替が出来る余裕がある辺りそれほど敵意を持っていないのかも…

巨頭「村」の「村」の字が半分消えて、巨頭「オ」に見えたのかな、なんて思ったりして…。

オ、ちょっと崩せば、右上(北東)を指す矢印に見えるかな?

【どういう村なのか】

仮に「巨頭村」って看板の「村」が掠れて「巨頭オ」に見えただけだとするじゃん? そうすると、過去に行ったときは「普通の人たちが住んでる巨頭村って名前の村」だったのに次にいったら「化け物が住んでる巨頭村って名前の廃村」になってた訳でしょ? その間に何があったんだって話だよね

【どこにあるの?】

異次元に迷い込んだパターンかな。
何の前触れもなく巻き込まれるのって嫌だなあ。

まとめリンク

1 2