1. まとめトップ

〈動画あり〉飲み会、宴会、合コン、カラオケで盛り上がるゲームまとめ

飲み会はお酒だけでも楽しいものですが、ゲームで盛り上がりながら飲めばもっと楽しくなるもの。今回は道具など使わず、居酒屋で簡単に盛り上がれるゲームをまとめてみました。新年会、忘年会にももってこいです。

更新日: 2016年11月23日

63 お気に入り 488042 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shidakahoさん

王様ゲーム

割り箸を人数分用意して1本に「王様」その他の箸に1から順番に番号を書いていく
 数字・王様の書いた部分を隠し、全員で引く (まだ誰が何を引いたかは公表しない)
 「王様だ~れだ?」のかけ声で王様が名乗り出る
 王様が番号を選んで命令することが出来る。王様の命令は絶対(?)!
 (例:「1番が王様の肩をもむ」など)
 注:いきなりキツイ命令はしないこと。序所に盛り上がっていきましょう!

定番ですね

山手線ゲーム

・最初の人がお題を言い、そのテーマの範囲に入るものを言わないければいけないお馴染みのゲーム。
 言えなかったり範囲外のものを言ったり前出のものを言ったりしたら負け。
 リズムは、せーの、パンパン○○、パンパン○○と2拍子なのが一般的。
・例えばお題が『山手線』だったら、せーの、パンパン「渋谷!」、パンパン「恵比寿!」、パンパン「五反田!」という感じ。

こちらも定番ですね

Go Back Jump(ゴーバックジャンプ)

【基本ルール】
①複数人で輪になり、誰からスタートするか決めます。

②時計回りに進行します。
2拍子のリズム(1拍子目で発言、2拍子目でひと呼吸おく)で、肘(ひじ)を曲げた右手を2拍子のリズムで左右に振りましょう。

③ゲームで使用するルールは、以下の通りです。
自分の番が来たら、そのどれかを発言してください。
Go(ゴー)   =左にひとつ移動。(左隣に進む)
Back(バック) =右にひとつ移動。(右隣に戻る)
Jump(ジャンプ)=左にふたつ移動。(左隣の人を飛ばし、その次の人に進む)
※Back(バック)は、UNOのリバースのように進行方向が変わるのではなく、単純に一回だけ右隣に移動するだけですので注意してください。進む方向は、常に時計回りです。

④以下、繰り返しです。間違ったりした人がアウトです。
【追加ルール】慣れてきたら追加してみよう!
Skip(スキップ)=左にみっつ移動。(左の2人を飛ばし、その次の人に進む)

ピンポンパンゲーム

①複数人で輪になり、誰からスタートするか決めます。
②基本は時計回りに1人ずつ進行します。順番に「ピン→ポン→パン→ピン→ポン→パン→・・・」と一人ずつ言っていきます。
③その時「パン」の人だけ、「パン」と言いながら誰かを指差してください。そして指を差された人が「ピン」です。それを繰り返します。
④「パン」の人が指差しを忘れたり、「パン」の左隣が指を指されていないのに「ピン」と言ってしまったり、「ピン」や「ポン」の人が指差しをしてしまったり、「パン」で指を指されたのに「ピン」と言わなかった人が負けです。

【ポイント】
ゲームを開始する際
 誰か「○○からはじまる~!ピンポンパンゲーム!せーの!」
 全員「ピーン ポンパン ピンポン パン!」 ←4拍子のリズムで手を叩いたりテーブルを叩いたり
というかけ声で始めると、さらに盛り上がります。


【追加ルール】連帯責任ピンポンパン
さらに、お酒の回転をよくして盛り上げるため追加するルールです。
間違えたら、間違えた人の両隣の人も罰としてお酒を飲むことにします。

ほうれんそうゲーム

①複数人で輪になり、誰からスタートするか決めます。
②最初の人は、ほうれん草を2本持っている状態です。それを、右手をグーにして表現します。
③『ほうれんそう、ほうれんそう、ほうれんそう』というかけ声に合わせて、持っているほうれん草を他の人に渡します。
1度目の「ほうれんそう」と言いながら、グーにした右手を自分の胸元で軽く握りこんでください。そして2度目と3度目の「ほうれんそう」では、右手をグーにしたまま誰かの方向に向けてください。
④右手を向けられた人が、ほうれん草を渡されたことになります。 1人が持っていた「ほうれん草2本」が、違う場所にいる2人それぞれに「ほうれん草1本」が移動したことになります。 ほうれん草1本ずつが別の2ヶ所にある場合は、2拍子のリズムで「ほうれんそう、ほうれんそう」と言います。 1度目の「ほうれんそう」と言いながら胸元でグーを握りこみ、2度目で誰かに向けてください。
⑤ほうれん草が、常に別の2ヶ所でそれぞれ同時に移動していくことになります。
参加者は、違う場所で移動していく2本のほうれん草を、頑張って目で追ってください。
以下、繰り返しです。

大きいちょうちんゲーム

【基本ルール】
①複数人で輪になり、誰からスタートするか決めます。

②このゲームには2種類のちょうちんと、それに対応した動作があります。

 「大きいちょうちん」 ・・・ 手で小さい丸を描く
 「小さいちょうちん」 ・・・ 手で大きい丸を描く
 ※ふうせんゲームと同様に、声と動作が大小逆になります。

③自分の番が来たら、相手の動作に惑わされることなく、正しい動作で誰かにちょうちんを渡します。

④以下、繰り返し。

愛してるよゲーム

【基本ルール】
①複数人で輪になり、誰からスタートするか決めます。
この際、男女が互い違いに座るようにしてください。

②まず最初の人が、左隣の人に『愛してるよ』と言う。
『愛してるよ』と言われた人は、さらに左隣に『愛してるよ』と言うか、右隣に『えっ?』と聞き返す。

③聞き返された人は、諦めずにまた右隣に『愛してるよ』と言う。

④以下、繰り返し。どんなタイミングでも、笑ったり吹き出してしまった人が負けです。

ミャンマーゲーム

最初の人が「メリルリンチ」「ゴルバチョフ書記長官」「貨客船万景峰号」など、なるべく言いにくい言葉のお題を言い、一人言うごとに同じ言葉を言う回数を一回ずつ増やしていくゲームです。噛んだら負けです。負けて飲むとさらにカツゼツが悪くなるので初期に負けないことがコツのようです。

例えば一人目「ミャンマー」 二人目「ミャンマー、ミャンマー」 三人目「ミャンマー、ミャンマー、ミャンミャー・・・あ゛」
といった感じです。ちなみに最初の人が設定した言葉がゲームのタイトルになります。
例えばAさんが「チュッパチャップス」という言葉をお題にしたら、「Aさんから始まる、チュッパチャップスゲーム♪」といった具合に始めます。

たけのこニョッキ

・「せーのっ!竹の子!竹の子!にょっきっき!」の合図で始まります。
 基本ジェスチャーは、胸の前で両手を合わせて拝むポーズから、その手を天に向かって突き上げながら「○ニョッキ」と叫びます。○には数字が入ります。
 最初に手をあげる人は「1ニョッキ!」で手をあげます。次の人は「2ニョッキ!」です。
 手をあげる順番は決まってません。先にあげたほうが勝ちです。そして最後まで手をあげられなかった人が負け(ドボン)です。
 (つまり5人でやっている場合、「5ニョッキ」を言った人の負けです。)
 また、同じ数字のニョッキを複数人が同時に言ってしまった場合、その人たちの負け(ドボン)となります。
 いかに早く、また他の人とかぶらないように「ニョッキ」を言うかが勝負のポイントです。

一緒に乾杯したい人にかぶせて特攻するなど奥深いゲームです。

リズム4ゲーム

【基本ルール】
①複数人で輪になり、『○○からはじまるリズムに合わせて』というかけ声からスタートする。

②手の動作とかけ声で4拍子のリズムを刻みながら、『○○(名前)、△(1~4の数字)』と言い、言われた人はその数字分だけ自分の名前を言う。言ったら、また同じように違う人にまわします。誰に回しても構いません。
「1」だった場合のみ、全員で「うー!○○」と言いましょう。

(例)ひろ、かず、まい、めぐ という4人でやる場合
      ○   ○   ○    ○   ←4拍子のリズムの位置
  ひろ「ひろ から   はじ  まる 」
  ひろ「リズ ムに  あわ  せて」
  ひろ「         かず  2  」
  かず「        かず  かず」
  かず「         まい  3 」
  まい「    まい   まい  まい」
  まい「        めぐ  4 」

③間違えたり、リズムを外した人が負けです。
リズムの都合上、○○(名前)は二文字にした方が良いので、参加者全員二文字のあだ名を最初に決める事をオススメします。

マンションゲーム

①複数人で輪になり、誰からスタートするか決める。 ゲームは、1ラウンド~3ラウンドで構成されます。

②最初の人が101(いちまるいち)の住人となり、時計回りに順番に102、103、104…と決定します。
この際、いちいち全員で誰が何番とは確認しないこと!
101が決定したあとは、それぞれ自分が何番なのか瞬時に判断し、即座にゲームを開始しましょう。

③基本は4拍子のリズムで進行します。
「自分の部屋番号」から「誰かの部屋番号」という形で発言してください。
 (例)
  101の住人「いちまる いちから いちまる  さん!」
  103の住人「いちまる さんから いちまる  よん!」
  104の住人「いちまる よんから いちまる  に! 」
  ※以下、繰り返し。

④間違えた人が出た場合「その人だけ」ひとつ上の階層に移動します。
つまり「103」の人が間違えた場合、その人の部屋番号だけ次から「203」になります。
自分で言う場合はもちろん、その人を指名する際は周囲の参加者も「203」と言わなければなりません。もちろん、それ以外の参加者は1階の部屋番号のままです。

パニパニゲーム

第一印象ゲーム

1 2