1. まとめトップ

【ニキビや肌荒れに効く薬】処方&市販薬から化粧水やニベアまで大人にきびに効くもの勢揃い

大人ニキビを治すために皮膚科で処方されるお薬から、ドラッグストアで買える薬。はたまた巷で噂となっている、化粧水、ニベア、オロナイン、マキロン、目薬等が本当にニキビに効く薬なのかまでみーんなまとめてチェック!

更新日: 2015年09月17日

344 お気に入り 1057673 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

3thspaceさん

● 処方薬

【特徴】 病院でのみ入手可能。効き目は強いが、その分、副作用あり。

一般名: アダパレン
製造: ガルデルマ
販売: ガルデルマ、塩野義製薬

毛穴をふさいでいる角質ができるのを抑える作用があり、毛穴のつまりを改善させる塗り薬

海外では以前から使われていたが、2008年10月に日本でも承認され、病院で保険適応の薬として処方開始

塗りはじめに、皮膚の不快感、乾燥、発赤・紅斑、皮がむける、かゆみなどの随伴症状が出るが、続けていくうちに徐々に軽減、消失することがほとんど

出典http://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com/acne05.html

抗生物質が配合されており、抗菌・殺菌作用があるため、炎症を起こした赤ニキビの治療と予防目的で処方される

ディフェリンゲルとセットで処方されることが多い

出典http://www.gourock.org/darashin-t/

塗り始めは、肌の常在菌が消滅してしまうので、肌のバランスがおかしくなるが、1ヶ月ほどで落ち着いてくる

出典http://ニキビを治す方法・効く薬.com/

一般名: ナジフロキサシン
製造: 大塚製薬
販売: 大塚製薬

ダラシンTゲルとほぼ同じ効能、目的で処方される

アレルギー体質や敏感肌の人は、副作用として痒みや湿疹、発赤、炎症、皮膚の乾燥やほてり感などを感じやすい

出典http://www.gourock.org/nadifloxacin/

● ニキビ肌や肌荒れ用の化粧水と処方薬をどう使いわけるか

専用の化粧水といえど、処方薬のような即効性は期待できないが、継続して使うことで肌の質を少しずつ変えることが期待できる

肌の奥底へと有効成分を届けることができるので、一時的なものではなくしっかりと体の根本的な部分からニキビ・ニキビ跡を治すことに期待できます

● 市販薬

【特徴】 ドラッグストアで手軽に買える。効き目は処方薬に比べると弱い

生活習慣の乱れなどで繰り返すニキビには「ペアA/ペアA錠」、生理前などに繰り返すニキビには「ペア漢方エキス錠」

内服薬は2タイプ

出来はじめのニキビには「ペアアクネリキッド治療薬」、炎症や赤みのあるニキビには「ペアアクネクリームW」

出典http://pair.lion.co.jp/teacher/question03.htm

外用薬も2タイプ

ペアアクネクリームWの主成分であるイブプロフェンピコノールには、アクネ菌による面ぽうの生成を抑え、炎症を鎮める効果があり、もう一つの有効成分であるイソプロピルメチルフェノールにはアクネ菌などを殺菌し、ニキビの進行を抑える効果がある

出典http://www.gourock.org/pair-lion/

ミストタイプで手が届きにくい背中ニキビのケアにも向く「アクネージア ニキビ薬」、広い範囲にポツポツ点在するニキビに使いやすいローションタイプの「アクネージア メディカルローション」、クリームタイプで気になる箇所の集中治療向けの「アクネージア メディカルクリーム」

出典http://www.rohto.jp/m-acnegia/

3タイプの外用薬。思春期ニキビ用の「アクネス」シリーズと異なりイオウ成分が配合されていないという違いがある。

いずれもビタミンBを多く含むビタミン剤。出来てしまったニキビを治すのではなく、ニキビが出来にくい体作りに寄与する。

● ニベアってホントにニキビに効くの?

1 2