1. まとめトップ
  2. ガールズ

正しく理解してますか?エイジングケアの基礎知識

「実年齢より若く見える」ことへの関心が高まっている中、関連する知識は少ないという調査結果がでています。エイジングケアの知識を高め、正しいエイジングケアで肌のお手入れをしていきましょう

更新日: 2013年12月27日

comcommさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
261 お気に入り 43459 view
お気に入り追加

◆エイジングケアの関連知識を正しく理解しよう

たるみやしわなど、根本的な肌の老化は対策ができないとお考えの方が多いようです。

◆エイジングケアとは?

エイジングケアとは、エイジング(加齢)をケア(お手入れ)するという意味です。

さまざまな原因で発生する活性酸素を除去したり無害化することにより、肌に与える有害な事象を減らそうという活動です。

もちろん、紫外線対策(UVケア)をすることもエイジングケアの第一歩、活性酸素の発生を減らせます。

肌を酸化から防止すること、新陳代謝の周期を正常に戻すこと、運動作用による筋肉の活発化をさせること、肌細胞のターンオーバーの正常化を促進することです。

細胞をサビさせず(糖化も含む)、新陳代謝の活動をどこまで支援できるかがエイジングケアのカギであり、その結果が若返りとして現れます。

◆エイジングケアとアンチエイジングの違い

基本的には同じような意味なのですが、アンチエイジングは老化を防止する意味がより強くなっています。

アンチエイジングは加齢にアンチ(=抗う)ということなので、加齢により出てくる肌老化を防止しようという肌ケアの事です。

薬事法で禁止されている化粧品他健康飲料に「アンチエイジング」という言葉を使用することは禁止されています。

◆エイジングサインを知ることが大切

「なんだか最近熱っぽい」「思い当たる節がないのに、最近口が渇きやすい」「ネガティブになった」等

頬の弾力不足でほうれい線が目立ってきたり、目もとや口もとの小じわなどは代表的なエイジングサイン。

◆エイジングケアを始めるタイミング

エイジングケアとは基準がないので、ご自分で肌の衰えを感じ始めたら行ってください。

◆線維芽細胞がエイジングケアにとって大きなポイント

赤ちゃんの肌と大人の肌を比べると、赤ちゃんの肌はふっくらとしたやわらかさがあります。それは、肌の表面上の美しさだけではなく、肌内部の真皮に秘密があります。 真皮では、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの美肌に関わる成分が作られています。これらの成分の生成に深く関わっているのは線維芽細胞という細胞です。

エイジングケアは、肌の老化によるたるみやシワなどの肌のさまざまな症状をケアすることですが、この線維芽細胞のケアが最も重要なのです。

お肌のエイジングケアにとって、極めて重要な細胞で、私たちのお肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン、エラスチンなどを作り出す源となっています。

とにかく肌の老化は、真皮にある繊維芽細胞にかかっています。

ここがコラーゲンをちゃんと作れなくなると、いくら外からコラーゲンやら鉄分やらビタミンCやら摂ったってダメ

◆エイジングケア化粧品の選び方

1 2