1. まとめトップ

パリ シャルル・ド・ゴール空港のターミナル間の移動

シャルルドゴール空港のターミナル間の移動について自分が旅行のために必要で調べました。基本、空港のHPに載っている情報。乗り継ぎの時に参考。PARIS CHARLES DE GAULLE AIRPORT

更新日: 2013年12月20日

hopstep777さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
61 お気に入り 112136 view
お気に入り追加

参考にしたHP

シャルルドゴール空港 ターミナル間の移動(一般区域)

巨大空港です。
ターミナルは1~3の3つ。
まず、制限区域内の移動か、一度フランスに入国してからの移動(誰でも入れるエリア)かで分かれます。
スーツケースを受け取るとか搭乗手続きが必要なために税関を抜けて一般のエリアに出た場合、移動方法は大きく分けて①シャトルトレイン(CDGVAL)②徒歩③シャトルバス

■ターミナル1、2、3の移動 >>>CDGVAL(シャトルトレイン)に乗る

ターミナル1、2、3をつなぐ無人運転のシャトルトレイン。
大きな国際空港で離れたターミナルに移動するときによくあるやつ。無料で、シンプルで、ふつうは特に緊張せずに乗れるはず。
ターミナル2とターミナル3でRERに乗り換えられる。ターミナル2でTGVに乗りかえられる。
なので例えば「ANAでターミナル1に着いた人がTGVに乗るためにターミナル2に行く」というような場合に使えそう。
CDGVALとハイフンなしで表記されてる時とCDG-VALと間にハイフンが入る時がある。CDGはシャルルドゴールの略。

ターミナルと駐車場に交互に止まる。T1からT3の移動だと4~5分か。
朝の4時~深夜1時まで4分おきに運行。

■ターミナル2の中の移動>>>シャトルバス(N1/N2ルート)または徒歩。徒歩がお勧め

ターミナル2には2Aから2Gまで7つのホールがある。加えてTGVとRERの駅もある。
TGV/RER駅も含め、ターミナル2の各ホール間は歩きで移動可能。
ただしターミナル2Gは別建物なのでシャトルバスのみ(N2というルートのバス。後述)。

この図はすぐれもの!
たとえば日本からJALやエアフラが到着する2EからLCCのEasyjetが発着する2Dへの移動は、2Eから電車の駅(TGV/RER/CDGVAL)あたりまで6分、その中を1分歩いてからさらに5分は歩くので最短12分、余裕を見て15分くらいかかるかな、と見当がつけられる。

N1バス。
図の矢印のように一方通行で、2Eから2Fまで途中の駐車場を経由して16分以上かかるため徒歩が推奨されている。
高齢者やこどもが一緒の時とかFからAへの移動とかには便利かも?
24時間運行。
早朝4:30~深夜1:30の間は8分~10分程度の頻度で出ている。
深夜の1:30~早朝4:30までは20分おき。

N2バス。
ターミナル2Gへ行くにはターミナル2Fからバスを使うしかない。片道8分
5:30~23時の間5分おきに出ている。
21:30~23時の間はターミナル2Eにも停車する。

■TGVとターミナル1,3の間の移動>>>CDGVALに乗る

■RERとターミナル1の間の移動>>>CDGVALに乗る

RERの駅はターミナル2と3にある。ターミナル2が始発(終着)駅。

料金が安くパリ市内に直結している。ちょっと荒んでいる?

●●●

●●●ここから先は話が変わり、制限区域内での移動●●●

●●●

■制限区域内(=AIRSIDE)全ターミナル>>>シャトルバスで

■制限区域内2Eと2Fに新たに直行の歩道ができた。(2013年4月~)。

たとえば、リスボンから到着してパリ・シャルル・ドゴール空港経由で上海へ出発する搭乗客を例に取りましょう。
搭乗客はリスボンで手荷物検査場を通過し、ターミナル2F(シェンゲンターミナル)に到着します。ターミナル2Fより、直行の歩行者ルートでターミナル2E(国際ターミナル)へ進みます。公共エリアを通過せずに済み、再度セキュリティーチェックを受ける必要もありません。

日本からパリ経由でシェンゲン協定国に行くには、上記の逆のルートなので、2Eについて2Fに移動。

ターミナル2Eと2Fのすべての乗り継ぎ搭乗客は、シェンゲン協定国からの到着かどうかに関わらず、新設された出発ゲートへ直接つながる新しい歩道に従って進めますので、公共エリアを通らずに済みます。

これにより、10分ほど乗り継ぎにかかる時間が短縮されるそうです。
2Eは国際線、2Fはシェンゲン加盟国便のターミナル。

飛行機の乗り継ぎの時に、荷物などのピックアップが必要無くて、フランスに入国せずに乗り継ぐ場合のバス。
(たとえば日本発がJALの場合、ワンワールドに加盟している航空会社に乗り継ぐ場合、通しでチケットが発券される。スーツケースも「手荷物タグ」に記載されている“最終目的地”で引き渡しとなるので、ちゃんと乗り継ぎの話が通じていれば入国・出国する必要はない)
グリーンシャトル、
ブルーシャトル、
イエローシャトル、
レッドシャトル
が循回している。
左の早見表で何色のバスがいいか見当をつけて、ルートや時間は下のリンク先で確認を。
たとえば2Gと2Kの間の乗り継ぎならイエロー。

1 2