1. まとめトップ

1人で昼食がつらい...「ランチメイト症候群」が日本の社会で蔓延している

ランチメイト症候群という名称は、食事をする相手のことをランチメイトと表現したことから着想を得た呼び名であるという。主な症状は、一人で食事することへの恐れと、食事を一人でするような自分は人間として価値がないのではないかという不安である。

更新日: 2013年12月20日

10 お気に入り 19321 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tommytaka8さん

ランチメイト症候群とは

ランチメイト症候群とは、精神科医の町沢静夫によって名付けられた精神症状の一つ。学校や職場で一緒に食事をする相手(ランチメイト)がいないことに一種の恐怖を覚えるというもの。

毎日の昼食が辛くなってしまうそうです。

ランチメイト症候群になってしまう心理・理由

「自分の行動や選択に自信がなく、誰かにゆだねたい」という心理が隠れている。自我が確立されていない=大人になりきれていないといえるかもしれない

「ひとりだと思われたくない=友達がいないと、ダメな人間だと思われる」という心理が根底にある。

どちらかというと男性に多い理由だそうです。

「嫌われ者」や「除け者」になったら、職場でも学校でも、「居場所」はないのである。私たちはこの苦痛をより強く「刷り込まれ」ている。
 孤立やひとりランチは「嫌われ者」や「除け者」の目印なのである。人格的に欠点のある人物なのである。

こうした息抜き時間であるはずのランチタイムを憂鬱に感じる人が急増しているのだとか。1人で食事をするのが寂しい、1人で食事しているところを見られると友達がいないと思われるのが怖い、1人で食事したいのに同級生や同僚の誘いを断れないなど、憂鬱になる理由はさまざま。

ランチメイト症候群に配慮する大学も

昨今は一人で食事をしている所を他人に見られたくないという「ランチメイト症候群」などにも考慮してか、一人でも気軽に食事ができるようにカウンター席を多数設置した。

ネットでは...

「一人でご飯を食べている」という状況に仲間達が、評価判断を下すような雰囲気が確実にあるんです。

71 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/01/17(水) 22:44:09 ID:zpgHqJS90
大学で友達いないと
学食使うのが凄く恥ずかしいから食わなかったり
昼で帰ったりする・・・

737 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2007/01/17(水) 23:42:53 ID:bPSJiP1Q0
俺が行っていた学校は中学生の頃は自由に机を動かして給食を食えたのだけど、
それが苦痛だった・・・
給食の時間になるとトイレに入ってじっとしていた事もあったなあ・・_| ̄|○

1