1. まとめトップ

迷ったら定番色!「黒・グレー・白マフラー」のコーディネート集

寒い季節に必須のマフラーやスヌード。グレー、白系、黒いマフラーなど定番色のタイプは、ボリューム感で可愛さを足したい時やバランスを整えるのに便利です。参考になりそうな画像をまとめました。

更新日: 2014年03月14日

1383 お気に入り 388216 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

polka95さん

迷った時に使える、定番色マフラー

秋冬シーズンの最初に惹かれるマフラーはやっぱりきれい色か柄物。定番色マフラーはハデさはないけど優秀!

「今日なんか物足りない‥」という時も、ボリューム感やシンプルカラーを足すことでコーデにまとまりが生まれます。

◆浮きがちなキレイ色コートを馴染ませる

綺麗色コートは色が目立つので、シンプルなアイテムと合わせるとコートの色だけ浮いてしっくりこない事も。

定番色マフラーはそんな時に便利。マフラーを1枚挟むことで、コートと他のアイテムを無理なく繋いでくれます。

ピンク色コート×スキニー。そのままだとコートが浮きそうな組み合わせを、ライトグレーのマフラーやベージュのショートブーツで中和。

ロイヤルブルーのコート×青と相性のいい黒・グレーの小物でカジュアルコーデ。

コートの色を引き立たせたスタイリング。

◆グレー系マフラーで上品顔に

挑戦しやすそうなグレーのワントーンコーデ。マフラーは淡いグレーをチョイスして、顔色を明るく見せる着こなしに。

無彩色コーデのアクセントにした赤リップがおしゃれ。

上質素材を持ってきたいのは、大事な顔回りだからこそ。無彩色のグレー系マフラーは、上質な素材感が艶顔に魅せてくれるから、取り入れなきゃ損。

黒のPコートにグレーのマフラーを合わせたシンプルコーデ。シンプルな色使いで、編み目が可愛いマフラーを目立たせた着こなし。

淡いグレー×ベージュで上品に。カラータイツやパンプスもグレーを選んで微妙なグラデーションをつけてます。

◆白・ベージュ系でコーデを明るく

黒・茶色ベースのシックなコーデに、白マフラーを合わせて抜け感と明るさをプラス。

フェミニンな白マフラーの投入で、レザーアウターのヘビーな質感を和らげた上品コーデ。

白マフラーはまとうだけで顔回りをパッと明るくしてくれる即効アイテム!ネクタイ風に巻けば、甘さを抑えた大人流に。

白のニットワンピ×白マフラーのフェミニンな組み合わせに、ビッグシルエットのコートを羽織って少しマニッシュに。

白マフラーは雪景色にも映えるのが嬉しい。

やや長めに垂らしたマフラーが縦長ラインを作って、全身がすっきり見える効果も。

ネイビーのPコートにモコモコ素材の白マフラーを合わせて可愛く。マフラーは綺麗めなキャメルやベージュ系も合いそう。

白マフラーで首元にボリュームをつけて、可愛さを足したカジュアルコーデ。

コートのインは重ね着を楽しんでポップ&レトロに。

◆引き締め効果なら黒マフラー

黒コートと黒マフラーがシック。赤のスカートと色を合わせた赤バッグやリップで女っぽく。

黒×黒コーデは素材感が目立つので、マフラーはなるべく上質素材を選ぶと綺麗。

引き締まって見えるのはもちろんのこと、甘さを抑えたクールな色調が大人っぽいたたずまい。黒の巻き物ならスタイリングにぶつからないので、1枚持っていると重宝すること確実のツール。

ベージュのショートブーツで軽さを出した黒コーデ。全身黒ではないので気軽にトライできそう。

チェスターコートで綺麗めコーデ。グレーと黒で大人っぽくまとめて、シャツやカラーパンプスをアクセントに。

カーキグレーの微妙な色合いが大人っぽいモッズコート。

黒マフラーでコーデ全体を引き締めた、メンズ風の着こなし。

◆スヌードでほっこりした可愛さをプラス

ボリューム感と丸みのある形がキュートなスヌード。クール系や大人っぽいコーデに合わせると外しアイテムとして使えます。

かっちりデザインの黒コートにネイビーのスヌードを合わせて、シンプル&キュートに。

ライトグレーのコートや上品バッグで大人のコーデ。黒スヌードで全体を引き締めつつ、余裕のある雰囲気に。

1