1. まとめトップ

にゃんこ の飼い主必見。猫のおもしろい生態 その9 猫と冷たい食べ物、猫とこたつ

かわいい猫の生態についてわかっていることをまとめてみました。シリーズその9です。8以下もあります。そちらもどうぞ。今回は「冷たい食べ物」、「猫とこたつ」です。

更新日: 2013年12月20日

jigsowさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 4495 view
お気に入り追加

かわいい猫の生態についてわかっていることをまとめてみました。シリーズその9です。8以下もあります。そちらもどうぞ。今回は「冷たい食べ物」、「猫とこたつ」です。

冷たい食べ物も苦手

冷蔵庫から出したばかりの冷たい食べ物は、お腹を冷やして下痢をしやすくするので、常温に戻してから与えてください。

猫の臭覚は敏感で冷たいものがいいにおいがせず、食欲が湧かないのです。
実は猫に限らず、たいてい野生の動物はこうした傾向があります。
野生にある冷たいものと言えば「死んでから時間が経っている死がい」という印象があります。

それはすでに腐っていたり栄養分が抜けていたりなど、食べられない悪い印象があるため、本能的に避けてしまいます。

猫とこたつ

・猫はこたつが大好き

・人間が気をつけること

Q、人間から見ると「苦しくないのかな?」「暑過ぎないのかな?」と
ちょっと心配です。

猫を飼っていてこたつを使っている方、何か気をつけていること
とか注意点などあればアドバイスをください。

A、猫も、出たり入ったり、上半身出したりと、自分で好きなように調整しています。
 一番注意をしないといけないのは、コタツ布団の下にいて顔だけでしているような時に、気づかずに歩く時に布団ごと踏んだりしないようにすることです。

・猫のやけど、熱中症

ストーブ、焚き火、アウトドアのグリル、熱々のお風呂への落下などによる重いやけどの他、電気コタツ、ペット用電気カーペット、電気ストーブ、ドライヤーなどによる低温やけどもあります。

 低温やけどとは火傷の一種で、比較的低温の熱源による皮膚の損傷を言います。一般的に熱源が44度の場合、約6~10時間で火傷となります。

低温やけどに注意。半日以上もこたつに入りっぱなしの猫は気をつけましょう。

猫はコタツの中が大好きですが、高温のコタツの中にずっと入っていたり、ホットカーペットの上に毛布をかぶせた中に長時間寝ていると猫でも熱中症になることがあります。ペットが入り込んだコタツはできればコタツ布団の一ヶ所を持ち上げて、熱が必要以上にこもらないようにするか、温度設定に気をつけてあげましょう。

1





jigsowさん

千葉のネコ。ゆっくり生きています。
いろいろ幅広くまとめてますので、他の記事もどうぞ。

お気に入りをポチっとしていただけるとうれしいです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう