医療費節約 10 のポイント

1.「かかりつけ医」を持ちましょう

2.はしご受診を控えましょう

3.受診する時間に注意しましょう

4.大病院は特別料金がかかる場合があります

5.健康保険証は常に携帯しましょう

6.ジェネリック医薬品を利用しましょう

7.限度額適用認定証を利用しましょう

8.「医療費控除」の申告を忘れずに

9.救急電話相談をご利用ください

10.年に一度は健診を受けましょう

この情報が含まれているまとめはこちら

気がついたら絶対得だと実感する節約術

一つ一つは、僅かな違いですが、生活全般に換算すると「かなりの節約になる」トクだと実感する節約術を食費、水光熱、医療、レジャー、手数料など多角的に節約する方法を紹介!

このまとめを見る