1. まとめトップ

犯人像定まらず… 「餃子の王将」を展開する王将フードサービス社長の大東隆行さん殺害の真相

「餃子の王将」を展開する王将フードサービス社長の大東隆行さんは19日早朝の日の出前、京都市山科区の同社駐車場で、何者かによる凶弾の犠牲に。経営手腕があり温厚な人柄で知られただけに狙われる理由がないと会社側は困惑していますが…

更新日: 2017年12月19日

9 お気に入り 321425 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■王将射殺事件、関連疑われる車両から男女数人のDNA型

餃子(ギョーザ)の王将を展開する王将フードサービスの社長だった大東(おおひがし)隆行さん(当時72)が2013年12月、京都市山科区の本社前で射殺された事件から4年。

 捜査で新たに、逃走用の原付きバイクを盗むのに使われたとみられる軽乗用車から、男女数人のDNA型が検出されたことがわかった。京都府警は犯行グループにつながる可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、この軽乗用車は福岡県内のナンバーで、事件当時の所有者は女性だった。16年春に中古車販売店で確認され、府警が購入。車内の微物から複数人のDNA型を検出したという。射殺現場周辺の遺留物からは、同県内を拠点にする暴力団の組員のDNA型を検出。軽乗用車の所有女性は組員と同郷・同世代で、事件後、この車が九州を走っていたことが確認されているが、組員とのつながりは不明という。

大東さんは4年前の早朝、マイカーで出勤直後、拳銃で4発撃たれて殺された。14年4月、現場から北東約2キロのアパート駐輪場で見つかったオートバイのハンドルから発射後の硝煙反応を検出。近くには事件の2カ月前に京都市伏見区内で盗まれた原付きバイクがあり、ナンバープレートが付け替えられていた。府警は逃走用とみている。

 捜査関係者によると、盗難現場の防犯カメラには、女性所有の軽乗用車から降りた男がこの原付きバイクに乗り、車と一緒に走り去る姿が映っていた。オートバイや原付きバイクからはDNA型は検出されなかったという。

 射殺現場では19日朝、府警の垣内伸吾刑事部長らが献花した。大東さんの長男剛志(つよし)さん(43)は「なぜ殺されなければならなかったのか、困惑は強まるばかり。真相をぜひとも教えてほしい」と府警を通じてコメントを出した。

■王将社長射殺事件「解決できなかったことは大変残念」…坂井京都府警本部長が離任会見

4日付で警察庁長官官房審議官に異動する京都府警の坂井孝行本部長(54)が3日、離任会見をし、「新しいことに積極的にチャレンジする良き伝統を引き継いでほしい」と述べた。

坂井本部長は平成27年7月に就任。「非常に充実した2年間だった」と振り返った。印象に残った事件として、昨年9月に京都市伏見区の路上で男性が殺害された事件を挙げ、「証拠の乏しい中で苦労したが、粘り強く捜査を展開し、組織的な犯行を解明して犯人を検挙できた。捜査員の頑張りには頭の下がる思い」と話した。

 着任時に最重要課題とした王将フードサービス前社長射殺事件にも触れ、「解決できなかったことは大変残念」とした上で、「捜査員は引き続き士気高く捜査を継続している。必ず結果を出してくれると信じている」とエールを送った。

■王将社長射殺事件から3年 現場で献花「早い解決を」

「餃子(ギョーザ)の王将」を展開する「王将フードサービス」の社長だった大東隆行(おおひがしたかゆき)さん(当時72)が京都市山科区の本社前で射殺された事件は19日、発生から3年を迎えた。渡辺直人社長や捜査員らは現場近くのJR山科駅周辺で通勤客らにティッシュを配り、情報提供を求めた。

本社前では早朝から地元の人らが花を手向け、京都府警の山本哲也・刑事部長らが黙禱(もくとう)。大東さんの長男の剛志(つよし)さんは府警を通じて「なぜ殺されなければならなかったのか、ますます困惑は強まるばかり。事件を風化させることなく、一日も早い解決を願い、警察と協力して広く情報提供を呼びかけたい」とするコメントを出した。

 府警はこれまでに延べ約10万人の捜査員を投入し、今も90人態勢で捜査を続けている。現場で見つかったたばこの吸い殻から九州の暴力団関係者が浮上したこともあるが、府警は容疑者を特定する有力な情報は得られていないとしている。

■王将社長射殺から3年 10万人捜査も証拠なし

「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市)の前社長、大東隆行さん=当時(72)=が射殺された事件は19日で発生から3年。京都府警は今年、事件に関与したとみられ九州に向かった軽乗用車を押収、現場のたばこの吸い殻から検出されたDNA型は九州の暴力団組員と一致した。手がかりは同じ方角を指すが、捜査関係者によると有力な証拠はなく、「点が線にはなっていない」(捜査幹部)のが現状だ。

捜査関係者によると、軽乗用車は今春、九州で押収。事件の約2カ月前、現場の同市山科区と隣接する伏見区内で防犯カメラに写っていた。

 映像では、男が軽乗用車から降りてミニバイクに乗っていたという。ミニバイクは、拳銃を撃った際に残る「硝煙反応」を検出した小型オートバイと一緒に事件後に発見されたものと同一とみられ、軽乗用車は手がかりと期待された。

 だが、事件発生から2年半後の押収ということもあり、府警の検証では犯人につながるような遺留品などは見つからなかった。

府警山科署捜査本部は事件発生当時の態勢を今日まで継続。

 延べ約10万人の捜査員を投入し、王将関係者延べ約1500人、現場周辺延べ約5300世帯に聞き込みをしている。

 王将側は事件への関与が疑われる反社会勢力との接点などを検証する第三者委員会を設置。今年3月、過去約10年間の不適切な取引で約200億円の資金を流出させ、約170億円が未回収とした。ただ、第三者委は「現在の経営陣と反社会勢力との関係はない」と判断した。

■王将事件、取引先を家宅捜索 京都府警、経理書類押収

京都市山科区の王将フードサービス本社前で2013年12月、大東(おおひがし)隆行前社長=当時(72)=が射殺された事件で、京都府警捜査本部(山科署)が今年1月下旬、取引先だった経営者の関係先を家宅捜索していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、京都市左京区の経営者の会社事務所などを家宅捜索し、経理関係の書類などを押収したという。府警は昨年10月末、市内の別の関係者宅を捜索し、資料を押収していた。
 王将と反社会勢力の関係を調べた第三者委員会は、王将とこの経営者の関連企業グループの間で不透明な取引があったと指摘。王将は今年3月、同グループとの契約を解除している。
 事件は13年12月19日早朝、大東さんが山科区の本社前の駐車場で胸や腹に4発の銃撃を受け、死亡した。大東さんの車内には現金が手付かずのまま残っていた。

■王将社長射殺事件 犯行関与?軽乗用車を押収 京都府警、ミニバイクと一緒に写る

平成25年12月、中華料理チェーン「餃子の王将」を展開する王将フードサービスの社長だった大東隆行さん=当時(72)=が、京都市山科区の本社前で射殺された事件で、京都府警が、犯行に関係した可能性がある軽乗用車を押収していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。府警は車の検証を行うなどして、容疑者特定に向けた捜査を進めている。

 捜査関係者によると、押収された車両は、事件前の25年10月、同市伏見区内の防犯カメラに写っていた。映像では、軽乗用車から男が降り、ミニバイクに乗り換えたり、一緒に走り去ったりする様子などが記録されていたという。

このミニバイクは事件後の26年4月に山科区内で、逃走に使われたとみられる小型オートバイとともに発見されたミニバイクと同一とみられる。小型オートバイは、ハンドルから、硝煙反応が検出されており、実行犯が逃走に使ったとみられている。府警は、軽乗用車やミニバイクなども含めたこれらの車両が事件に関与している可能性が高いとみて調べている。

 これまでの捜査で、府警は防犯カメラの映像などから軽乗用車を特定。車がその後、九州に移動していたことなどを確認した。大東さん殺害現場付近で見つかったたばこのDNA型と一致した暴力団組員も九州におり、府警ではこうした押収物などを慎重に調べ、事件の解明を進めている。

 事件は25年12月19日午前5時45分ごろ、王将フードサービス本社前の駐車場で発生。出勤してきた大東さんが、駐車スペースに車を止め、車を降りた直後、拳銃で撃たれ死亡している。

■急展開!?「餃子の王将」社長射殺事件の真相

迷宮入りしかけていた「餃子の王将」社長射殺事件に急展開があった。「事件を契機に発足し、反社会的勢力との関係を調べるなど、王将の“経営実態”を調査してきた第三者委員会が、これまでに判明した事実を明らかにしたんです」と言うのは、全国紙社会部記者。去る3月29日、同委員会が、驚きの調査報告書を発表し、耳目を集めているのだ。

「王将は過去数十年、土地建物、ゴルフ会員権の購入等について、“九州のある企業の経営者X氏と、約260億円に上る不適切な取引を続けてきた。そのうち、約200億円を流出させた”ということが、報告書により明るみになったんです」(前同) 200億円がスッカラカンとは驚くべき話である。

「王将はX氏側から、ハワイの土地建物や、福岡市内のビルを購入したり、子会社を通じて巨額の貸し付けを行った。そのうえ、トラブル対応も依頼。このような取引の結果、約200億円が流出し、そのうち、未回収の約170億円を特別損失として会計処理したと、報告書にあります。現在も、王将はX氏と会社の電話に関する保守点検の契約を結んだままだという話です」(同)

王将が抱える、知られざる闇。そのためか、思い返せば社長射殺事件発生の第一報の時点から、さまざまな憶測が乱れ飛んだ。「2013年12月19日早朝、王将フードサービス社長・大東隆行氏が本社(京都市山科区)前で倒れており、“社長が倒れてる。意識がなく呼吸をしてない”と男性社員が119番通報。搬送先の病院で、死亡が確認されました。待ち伏せされ、銃撃されたものとみられますが、2年以上が経過した今も犯人逮捕には至っていない。反社会的組織関係者の名前も取り沙汰されており、なんらかのトラブルで殺されたのでは、という見方が濃厚です」(地方紙記者)

 地元住民にも愛される、気さくな人物だったという大東前社長。それだけに、衝撃は大きかった。「昨年末、現場付近に落ちていた煙草の吸殻の唾液から採取したDNAが、九州の反社会的組織に属する人物のDNAと一致し、容疑者として急浮上したとの報道がありましたが、その後、捜査に進展は見られません」(前同)

事件解決のメドがつかない中、このたびの調査報告書は、現状打破のカギになると期待されている。捜査関係者が言う。「そもそも、王将の創業者・加藤朝雄氏ら“創業者一族”がX氏とベッタリで、金を出していた経緯がある。しかし、2000年、大東氏が社長の座に就任すると、王将とX氏との関係を断とうとしていたそうです」 創業者一族と経営陣の軋轢。X氏という後ろ盾の存在……事件は複雑に糸が絡まり合っているようだ。

「しかし、容疑者に浮上した九州の組織の男と、X氏の接点がなかなか見えないんです。九州の男が怪しいという話は“誤報”という説も浮上しています。現状では、検挙しようにも証拠がそろわない状況。いまだ事件の全体像が見えていないんですよ」(前同) 平成の未解決事件は、誰が黒幕なのか。事件の闇が晴れる日は来るのか――。

■餃子の王将から170億円流出 闇社会に通じた大物の人物像

射殺事件からちょうど丸2年が過ぎた昨年末、事件現場に残されていた「たばこの吸い殻」に付着した唾液のDNA型が九州の暴力団関係者のものと一致していたことが明らかになった。

〈(京都)府警は、大東さんが暴力団やそれにつながる人物とのトラブルに巻き込まれて狙われたとの見方を強める〉(2015年12月13日付、朝日新聞)などと報じられ、事件と闇社会の接点が浮上。報道を受けて王将側は今年1月、自社と反社会勢力の関係を調査する第三者委員会を設置した。

 その第三者委が3月末に報告書を公表。そこでフォーカスされたのが、王将の創業家と密接な関係にあった70代ゴルフ場経営者の「A氏」だ。

 報告書は、王将が1995~2005年にかけて、A氏が関係する企業グループと取締役会の承認を経ない不適切取引を繰り返していたことを明らかにした。その総額は260億円に上り、うち約170億円もの資金が回収不能になっている。

A氏が王将からカネを吸い上げた過程が報告書には詳細にまとめられている。

 たとえば1995年には、A氏の関連会社が所有するハワイの高級住宅街にある土地建物を王将側が18億円で購入。この際、取締役会の議決はあるものの、購入理由の記載はない。王将は子会社を介してこの土地建物を転売するが、売却価格は約6億円にしかならなかった。

 1998年には、A氏のゴルフ場運営会社に子会社を通じて185億円を貸し付けているが、やはり王将側の取締役会の議決に理由は記載されていなかった。結局、この貸し付けは一部しか返済されず、2005年に王将は約40億円を債権放棄した。

 およそ上場企業とは思えない巨額の資金流出。その中心にいたA氏とは一体、何者なのか。

創業家からの「見返り」

経済事件取材に定評のあるジャーナリストの伊藤博敏氏が解説する。

「A氏は被差別部落問題に取り組んだ著名な同和団体元トップ(故人)の異母弟です。A氏は同和運動に携っていませんが、政財界から暴力団関係者など闇社会と接点のあるグレーゾーン人脈まで、幅広く影響力を持つ兄がいることを、自らのビジネス拡大につなげていった。建設会社を土台にしながら、ゴルフ場やホテル経営などレジャー産業を手掛けていきました」

王将創業者の加藤朝雄氏とは約40年前に接点を持ち、出店の許認可を手助けするなどして食い込み、加藤氏の死後も跡を継いだ長男・潔氏(3代目社長)や次男・欣吾氏(元専務)と関係が続いた。伊藤氏はこう説明する。

「親族の裏社会との人脈を利用するA氏は、伸び盛りだった王将という飲食店グループの“トラブル処理係”といえる立場でした。

 出店する際に、建築認可を早められるように役所と折衝したりするのはもちろんのこと、店舗で火災事故が発生して上階に暮らしていた建物の所有者が焼死したケースでは、遺族との交渉をまとめるなどしてきた。

 そうしたトラブル処理への創業一族からの見返りが、第三者委の指摘する数億~数十億円単位の資金提供だったわけです」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10