1. まとめトップ

織田信長がつけた『キラキラネーム』

武将、織田信長。勝ちにこだわる彼の存在が戦国時代に大きな影響を与えました。『魔王』とも呼ばれる信長ですが、その性格からか子供に奇抜な名前をつけていたことがわかっています。

更新日: 2013年12月21日

16 お気に入り 134538 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

radiconさん

魔王・織田信長

織田 信長(おだ のぶなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の一人。

室町幕府を事実上滅亡させ、畿内を中心に強力な中央政権(織田政権)を確立。戦国時代の終結に最大の影響を与えた人物の一人である。この政権は豊臣秀吉による豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと続いていくことになる。
天正10年6月2日(1582年6月21日)天下統一を目前にして重臣明智光秀に反旗を許すと、その夢のごとき人生を本能寺で終える。

子供は息子が12人、娘が10人、養女・猶子もいます。
その他にも実在不明の子やご落胤説のある子供もいます。

当時の武士の子どもは幼名といって子どもの時だけ付けられる名前がありました。

子供の数は多かったが、あまり子供のことを考えていない人物だったようです。
それは子供時代の名前である「幼名」からもわかります。

信長の次男、北畠具教の養子。幼名は茶筅丸。

茶筅(ちゃせん)は、茶道でお茶を混ぜる道具。

信長の三男、神戸具盛の養子。幼名は三七。

3月7日に生まれたからという

4.羽柴秀勝

織田信長の四男で、羽柴秀吉の養子。幼名は於次(おつぎ)または於次丸(おつぎまる)

5.織田勝長

織田信長の五男(四男とも)。生母は不明。幼名は坊丸。

6.織田信秀 & 7.織田信高

幼名は小洞(こぼら/ごぼう)

幼名をセットで名付けられた

8.織田信吉

幼名は酌。その名は母のお鍋の方の「鍋」になぞらえて付けられたという。

9.織田信貞

幼名は人、通称は藤四郎。

「人」なんて何だか悲しすぎる名前である。

10.織田信好

幼名は良好。

「良好」て、状態かよ。

11.織田長次

十一男・長次は「緑」

昔の日本人も子供に奇抜な名前を付けることが恥ずかしいことという思いもあったようです。

「名は体を表す」と言います。
子供の事を考えて、愛情を持って名前をつけたいですね。

歴史関連リンク

1