1. まとめトップ
  2. 雑学

お酒だけじゃない!飲酒運転になる可能性のある食べ物まとめ

お酒以外でも、飲酒運転になることがあるそうです・・・飲酒運転はとても厳しい罪になりますから、注意しないといけないです。

更新日: 2017年04月05日

95 お気に入り 367849 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

seri0328さん

お酒以外でも、飲酒運転になる!!

世の中には、お酒以外にもアルコール分を含んだものがあります。結論からいうとお酒でなくてもアルコール分を含んだものを摂取し酒酔いの状態が確認されれば飲酒運転になります。

■飲酒運転の罰則について

車両を運転した者
酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

そのほか、免許取り消しなど、厳しい行政処分があります。

どんなものが飲酒運転になる可能性があるか、みていきましょう・・・・

■酒粕

酒粕を食べて、飲酒運転で検挙

神戸市教育委員会教職員課によると、この教諭は06年9月15日夜、友人の教員宅で食事をし、酒かす汁を2杯食べた。その約2時間後に車で帰宅している途中に検問を受け、呼気1リットル中0.15ミリグラムのアルコールが検出された。道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検され、神戸簡裁で罰金20万円の略式命令を受けた。

酒粕のサイトには、こんな注意書きが。

大江山の酒粕(さけかす)について
酒粕には約8%のアルコール分が残っています。 お酒が弱い方や車の運転前、お子様がお口にされる時は少しだけご注意下さい

酒粕には、けっこう高いアルコールのものがあります。注意しないといけないです。

■奈良漬

普通に食べたら、飲酒運転にはなりません。

アルコール健康医学協会によると、
例えばアルコール5%の奈良漬を食べると仮定した場合、60切れ程度(約400グラム)を食べれば、計算上は、基準値程度のアルコールを摂取したことになるという。

60切れ食べたら、体調くずしそう。。。。

■ブランデーいりのお菓子

食べながらだと、検出される可能性があるかも・・・

チョコレートにお菓子用のブランデーをかけて食べて、
アルコール測定器ではかると、飲酒運転になる基準値をこえた。
しかし、水を飲んでからはかると、基準値以下になった。

食べながらだと、飲酒運転になる可能性は0ではないですね。気をつけないと。

■ノンアルコール飲料

大量に飲まなければ、ほとんど大丈夫

「ノンアルコールビール」「ノンアルコールワイン」など、いろいろありますが、これらには1%未満ですがアルコールが含まれているのがほとんどです。

つまり1%未満であれば、厳密にはアルコールを含んでいても、ノンアルコール 飲料として扱われるのです。

通常、少量であれば、ノンアルコール飲料を飲んだ後に運転しても、酒気帯びと見なされることはほとんどありませんが、やはり、安全のためには、少し時間をおいた方が無難です。

■栄養ドリンク

普通に飲んだ分では、大丈夫・・

体調が優れず、元気を付けようと栄養ドリンク剤を2本!体はシャキッとしたような感じになったが、同時に体全体が熱くなってきた。多くのドリンク剤にアルコール成分が入ってます。

栄養ドリンクのアルコール含有量はいわゆるお酒に比べると非常に低濃度である。例えばアルコール分は0.9%と、一般的なビールのアルコール濃度である5%程度に比べると格段に低いものです。

普通に飲んでいるものでは、大丈夫そうですね。

言い訳につかうのは、やめましょう!!!

■「飲酒運転じゃない。栄養ドリンク40本飲んだだけだ」 女子大教授、酒気帯び運転で逮捕

渋滞で停車していた乗用車に追突。運転していた女性の110番で駆けつけた同署員が飲酒検知したところ、呼気1リットル中0.4ミリグラムの アルコールを検出したという。

相澤容疑者は、特定の栄養ドリンクを40本飲んだと供述しているが、製造している 東京の製薬会社は「確かにアルコールは含まれているが、ごく微量。1日1本と用法を定めており、40本も飲むとは考えられない」としている。

普通に考えて、40本も飲めないですよね・・・・

1