1. まとめトップ

実在するヒットマン・・・検索してはいけない情報

25口径 の銃を使った事件が話題になっていますが、我々が知ってはいけないであろう情報をまとめました

更新日: 2016年09月22日

9 お気に入り 436607 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

harugakuruさん

殺し屋は実在するのか?

私が住んでいた隣の市で、
建設会社の社長が失踪しました。
借金が無くて優良企業、
失踪する理由が無いので家族が疑問に思い、
蛇の道はヘビと言う事で暴力団に調査依頼されました。
お金に困った漁師と遊び人2名、
100万円ずつ貰って実行した。
と言う結論でした。
海に捨てられたのも判明、
その後、
海から死体があがっています。
お金を借りた方が、
借金返済を迫られて雇ったそうです。

25口径の銃はコルトポケットオートとかか・・・隠密性を重視してのチョイスかこれしか無かったのか・・・

しかし25口径ってなんかマニアックな気がするんだけども。暗殺するなら22口径使ってもいいと思うんだけどね

殺し屋の仕事

殺し屋はフリー・ランサーと特定の組織にフルタイムで雇われている場合に分けられる。フリーの場合、すべて契約から始まり、金は前金で支払われる。プランは三つの方法が選択される。

① 相手の決まった行動を知らされる。
② 殺し屋が相手を研究して決まった行動を自分で見つける。
③ あらかじめ決められた場所に関係者が相手を連れてくる。

■手付金がある

ほとんどのケースで手付金はありました。その金額は100万円~500万円程度。このお金で犯行の準備をしたり、借金を返したりといった使い道があるよう

どんな人間

■裁判でもプロ意識が出過ぎる場合も

弾がそれ、殺人未遂に終わった事件の裁判でのことです。弁護人が殺し屋である被告人の罪を軽くしようと、「被告人は殺意がそれほどなかったからこそ、弾が外れた」という証明をしようとしたとき、突如被告人が弁護人の言葉を制し、こう言い放ちました。

「先生よぉ、失敗してもいいなんて気持ちで、プロは引き金引きませんや」

たとえ罪が重くなったとしても、殺し屋のプロとしてのプライドを守ろうとした被告人。
プロ意識がある人もいる

海外の実在した殺し屋の手口

被害者が殺害された日に、監視カメラに写った殺し屋達の映像、変装したりする複数人の男女が写っている

ヒットマンが使用する銃

本来は護身用サイズの小型ピストル。 NIJの防弾レベルでは、最下位のレベル1とされている。コンパクトなので密輸しやすく国内の事件にたびたび登場した(最近はあまり聞かない)。至近距離以外は威力が低い。日本の婦人警官にコルトポケットが支給されているらしい。コルトポケットのほかにも、Caliber: .22LRを撃つ拳銃は、有名メーカー品では、Smith & Wesson のModel: 317 リボルバー(8 発回転弾倉)やRuger Mark III 22 口径 25口径 自動式拳銃(10発弾倉)などがある。22LRは、防弾レベルでは最下位と書いたが、それはピストルで発射したときのこと。銃身の長いライフルで撃つとそれなりの威力を発揮する。 至近距離では人体に致命傷を与える可能性が十分にある。

ヒットマンのマネをしたイタズラで逮捕される人も

今テレビで25口径って言ってるが22口径じゃないのか?

25口径って言うと…ベルギー製かイタリア製、アメリカ製しかないみたいだな(u_u)

海外の実在する殺し屋

容疑者はタイ南部ナコンシータマラート県の有力者に近い殺し屋で、同県警が作成した県内の殺し屋リストの1位に記載されていた。

3件の殺人事件に関与されていたと言われている。

フィリピンで起きた韓国人殺害事件は5件目。現地で起きる韓国人殺害事件の大部分は、韓国人が雇った殺し屋によるものだといわれる。

1