軍師官兵衛(最終回)「乱世ここに終わる」
関ヶ原の戦いは長政(松坂桃李)の活躍で家康(寺尾聰)が勝利した。そのころ如水(岡田准一)は天下を狙って九州の大半を手にしたが、天下分け目の決戦が一日で終わり、その夢は破れる。三成(田中圭)は謀反人として捕えられ、長政は筑前52万石の太守となる。如水は大坂で天下人となった家康と対じ、その志の高さに触れ潔く負けを認める。新たに築城した福岡で如水は静かな晩年を過ごし、やがて戦国乱世は最後の瞬間を迎える。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大河ドラマ「軍師官兵衛」感想・あらすじ・ネタバレ【官兵衛・岡田准一・松坂桃李】

岡田准一主演の大河ドラマ「軍師官兵衛」感想・あらすじ・ネタバレです。出演(キャスト)は江口洋介、柴田恭兵、中谷美紀 、速水もこみち、高橋一生、桐谷美玲、黒木瞳、松坂桃李。

このまとめを見る