1. まとめトップ
67 お気に入り 125472 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

関西ジャニーズ 略して関ジャニ∞!

関ジャニ∞は関西ジャニーズjr.第一期生で組まれたジャニーズアイドルグループ。
今ではジャニーズアイドルグループで実質3位の人気を博しています。
しかしそんな関ジャニ∞にも決して笑えない苦労人時代があったのです。

関ジャニ∞の苦労人時代はデビュー前から始まっていた

関ジャニ∞の苦労人時代はデビュー前から始まっていました。
関ジャニ∞の全国デビューは2004年9月22日なのですが実際の結成年は2002年なのです。
その二年という数字は短いようで長いです。
それに加え関ジャニ∞メンバー丸山隆平、村上信五、渋谷すばる、横山裕の同期で組まれた嵐は結成より3年早い1999年にメジャーデビューを果たしていました。
関ジャニ∞もその5年後にはメジャーデビューを果たしますが、デビュー会見が開かれた場所がレコーディング会社の屋上、会議室。これはジャニーズ内でも初めてだったようです。
一方嵐はハワイでクルーズに乗ってのの会見でした。この格差は人気のあるないだということを本人たちで自覚していたようです。

関ジャニ∞松竹座に落とされる

関ジャニ∞はデビュー前キャパ1000の松竹座に落とされました。
当時はキャパ1000でも空席だらけでした。
しかし、関ジャニ∞の生みの親“ジャニー喜多川”は彼らを見捨てることはなく、コンサートを開きました。
関ジャニ∞はデビューしてからも何年かは松竹座でコンサートを開いていましたがそこで生まれた  「エイトレンジャー」はドームコンサートになっても披露されています。

左から横山裕、丸山隆平、大倉忠義、内博貴、渋谷すばる錦戸亮、安田章大、村上信五です。
衣装は関ジャニ∞デビュー曲
「浪花いろは節」の衣装です。

内博貴は関ジャニ∞に必要な人物だった

内博貴さんは渋谷すばるの左隣の方です。イメージカラーはピンク。当時は「ピンクが似合ってしまう王子様」としてエイターから多くの支持を受けていました。

関ジャニ∞の元メンバー 内博貴さんは関ジャニ∞がデビューするのに欠かせない人物です。
私みたいな新規エイターの方にはあまりなじみがないと思います。
彼は誰もが萌えてしまう甘いルックス、そしてそのルックスからは考えられない乙女らしい性格でジャニーズファンの心をわし掴みでした。そのため関ジャニ∞他メンバーも
「これならデビューできるんじゃないか」と期待していたのではないでしょうか。

そんな中内博貴と錦戸亮は2003年にnewsのメンバーとしてデビューを果たします。
ジャニーズでも異例な掛け持ちデビューです。
しかも本命の関ジャニ∞としてのデビューよりも先にデビューをしてしまったので、その時は
他メンバーは絶望だったのではないでしょうか。

それでもデビューは目前

メンバー同士信じあい、内博貴を信じ、デビューを信じてきた関ジャニ∞は突き進んでいました。そしてその願いが叶い念願のデビューを迎えます。CDデビューの日にちは
関西限定が2004年8月25日、全国は2004年9月22日。
結成から2年・・・これはメンバーだけでなく当時からのエイターの悲願だったことだと思います。しかしデビュー約1年で救世主内博貴は関ジャニ∞を離れることになります。

ありがとう、内博貴。

内博貴はデビュー約1年で最愛の関ジャニ∞を離れることになります。
2005年内博貴は「未成年飲酒事件」を巻き起こし関ジャニ∞脱退を余儀なくされました。
しかし内博貴は関ジャニ∞をデビューの道まで連れて行ってくれた張本人。私は昔から∞を応援していたわけじゃありません。だからもしかしたら内博貴さんを知ることはなかったかもしれません。それでもこうやって調べていくうちに内博貴の名前が出るということはやっぱり関ジャニ∞デビューに大きく貢献していた証拠だと思います。
内博貴、ありがとう。

渋谷すばるの不良伝説

渋谷すばるはジャニーズの中でも相当なワルとしてネットでも有名ですが正直
「どれぐらいのワルなの?」と思う方もいるはずです。
それは「ホントにこの人ジャニーズ?」と思うほどの不良伝説の数々でした。

出典prcm.jp

関ジャニ∞のメインボーカル渋谷すばるは
1981年9月22日うまれのО型。
画像にもあるように18禁アイドルといわれるほどの下ネタ好き。
お母さん(妙子さん)のことがいつまでも大好きな純粋なマザコン男子です。
われらエイターのなずけ親もこの方。
エイターは基本渋谷すばるが大好きです。

デビュー前に入れたタトゥー事件

渋谷すばるはデビュー前の黄金期が過ぎ仕事が全く回ってこない時期に
「過去の栄光を取り戻すため」右の手の甲にタトゥーを入れます。

出典ameblo.jp

こちらがそのタトゥーの画像です。

でもタトゥーを入れれば評判が落ちるのでは?と思う方のほうが多いかと思います。
でも彼曰く
「話題になればいい。」という考えでした。
でもCDデビューが決まったので一応は栄光が戻ったとタトゥーは消したということです。

強要飲酒事件

2008年ごろに渋谷すばるはまた事件を起こします。それは
「強要飲酒事件」とスキャンダル誌に大きく報道されるほどになりました。
事件は渋谷すばるの夜な夜な行われていたパーティーで起こりました。
ホテルの一室で行われていたパーティーでは王様ゲームが行われていました。
そこで指令されたaさんへの指令はお酒一気飲みでしたがもともとお酒に弱いaさんは途中で気分が悪くなるんですが、指名したのはすばる。すばるが機嫌を損ねてしまい結局全部飲み干しましたが、そこでaさんは「アルコール中毒」になってしまい、トイレにこもってしまうほどになってしまいました。「これはいけない。」と思ったaさんの親友bさんは救急車を呼ぼうとしたら・・・
「お前ら救急車呼んだら人生終わったと思えよ。あんな奴死んだらええねん!!」
と吐き捨てます。仕方がないのでbさんは自分で病院にaさんを連れていたということです。

2008年エイトレンジャー。
世界守る前にそういう女性に
「死んだらええねん!」なんて吐き捨てないでね。

まだまだ続く渋谷すばるの不良事件

渋谷すばるの不良事件は続きますが大きく報道されているのは上記の2つです。
ほかには追突事件などあまり情報の乗っていない事件も多いので書けませんがこの2つの事件の引き金はやっぱりデビューできなかったひねくれだと思います。
タトゥー事件は「過去の栄光を取り戻すため・・・」という理由をはっきりあげていますし。
でもすばるはデビューしたいという気持ちがあるから俺はこういう風に気持ちを伝えたいという気持ちがこういう結果になってしまいまい勘違いされる彼ですが誰よりも自分を信じ強く生きている方です。そんな必死な姿が今のエイターの心をつかむんだと思います。

関ジャニ∞バイト時代

デビュー前、タッキーがものすごい勢いで売れていたとき関ジャニ∞メンバーはバイトとラジオで生活を支えるという生活を送っていました。そのバイトというのが
横山裕→建築現場 しかも正社員として
渋谷すばる→①引っ越しやのバイト面接に行くが体が細い・小さいという理由で追い返される
      ②ガソリンスタンドのバイト
村上信五→遊園地のバイト
丸山隆平→配達の仕事
安田・錦戸→洋服の売り子
大倉忠義→親が営む焼き鳥屋のレジ打ち。
今では考えられない下積み人生。でも世間に出てみることがもしかしたら今の関ジャニ∞を作っているのだと思います。

1 2