1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大切な家族だから...死後をペットと共にする人が急増している

これまで、ペットの供養といえばペット霊園などが一般的でしたが、ここ数年のペットの家族化が進んだ事より、ペットと一緒にお墓に入りたいという人が増えているそうです。

更新日: 2013年12月23日

262 お気に入り 127455 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■やがてやってくるペットたちの最期

ペットの死がツラいのは知ってる。けどね、なんか小動物とはレベルが違う感じ? 覚悟しとく。

ばぁちゃんちで買ってるわんちゃんが亡くなって、最後にお別れしてきた(>_<)号泣しちゃった(>_<)ペットの最後って悲しいなぁ

ペットってお別れが来てしまうのが悲しいよな。それでも飼ってしまうけれども。

■ペットと同じ墓に入る人が増えている

今までペットはペット霊園に眠らせてたけど、そうか、人間のお墓に入れるという発想か。

人とペットの遺骨を一緒に納められる墓が、人気を集めている

首都圏や福岡県内などを中心に各地で建設が進んでおり、増設を重ねる墓地もある。

首都圏や福岡県内などを中心に各地で建設が進んでおり、増設を重ねる墓地もある

ペットと入ることができる墓は、10年余り前に、東京や神奈川など関東の霊園で販売されるようになり、その後、九州などに広がった

■現在の主流はペット霊園

火葬場で火葬し、遺骨を納骨堂に預けたり、専用の墓地をつくったり、動物慰霊碑に祀るといった事が行えます

固定火葬炉を完備している場合、火葬の種類は合同火葬、個別火葬など、火葬の種類をいくつか設定しているケースが多い

■これまではタブー視されていた

一般のお墓では、人間と動物が一緒に入る(埋葬する)ことが認められていないケースがほとんど

古くは宗教上の観点から、動物は人間と同じ墓に入ることがタブー視されてきました

人々の意識の変化、時代の流れに伴い、ようやくそういった思想が薄れ、亡くなった後にペットと一緒のお墓に入りたいと考える人が増えてきたわけです。

昔から亡き人が、鳴き声におびえて成仏できないと、動物を墓地に近づけることすらタブーでした

宗教によっては、ペットといえど畜生として考え、一緒に埋葬する事なんてありえない。といった考えを持つ場合もあります

寺の墓というのは、その宗派の信者で檀家の親族である人を入れるのが条件ですので、どうしてもペットは除外されてしまいます

■法律上、問題は発生しないのか

法律(墓埋法など)の規定に、ペットとの埋葬を禁止する条項はありません

ペットの遺骨(火葬しなければならないわけではないですが、臭いとかで周囲に迷惑をかけないという条件を考えると一般的には火葬して)は葬られる人間の「副葬品」という位置づけ

ほかの使用者への配慮やトラブルを回避する意味で、各墓地や霊園の使用規則でペットの遺骨を一緒に埋葬することを禁止としているところが多い

■人気の背景にはペットの家族化

ワンコで15年はほんと長いのです。ただ、家族として認識するには十分に長く、そして短いのですよ。。

人間社会の高齢化や少子化に伴い、ペットに家族同様の感情を抱く人が多くなった

1 2