1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

高橋選出・安藤引退!フィギアの代表選考ってどんな基準なの?

ソチ冬季五輪へ向けたフィギアスケートの代表選手が決定。女子の浅田真央選手、男子の高橋大輔選手を始め注目選手が出そろいましたが、選考に漏れた安藤美姫選手は引退へ。こうしたフィギアの代表選手の選考はどうなっているのか?彼らが決まった経緯と共にまとめました。

更新日: 2013年12月25日

54 お気に入り 171157 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・ソチ冬季五輪へ向けたフィギアスケートの代表選手が決定!

ソチ五輪最終予選会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権終了を受けて、日本スケート連盟は2013年12月23日、代表選手を発表

ソチへの切符は男女(シングル)ともに3枚ずつ。「世界で最も過酷」と言われるフィギュアスケートの日本代表争いが決着

女子シングル

全日本選手権で優勝した鈴木明子選手、グランプリファイナルで優勝し全日本選手権3位の浅田真央選手、全日本選手権で2位に入った村上佳菜子選手

男子シングル

全日本選手権で優勝した羽生結弦選手、2位の町田樹選手、それに全日本選手権は5位ながらも世界ランキング3位の高橋大輔選手

アイスダンスとペア

アイスダンスはキャシー・リード選手とクリス・リード選手、ペアは団体要員として高橋成美選手と木原龍一選手に決まった(ペアは現時点では、新種目の団体戦のみの出場)

・3人目が注目されていた男子は高橋大輔選手が選ばれる

五輪代表は全日本選手権2連覇の羽生結弦と2位町田樹の初五輪が確実。3人目は高橋大輔と3位小塚崇彦との争いだった

五輪銅メダリストの高橋は、今季もNHK杯で優勝したが、11月末に右脚すねを故障し全日本は精彩を欠いた

手負いのまま挑んだ全日本はまさかの5位。それでも、これまでの実績が評価され、高橋大輔選手が3度目のオリンピック出場

これまでは国内大会の最高峰、全日本選手権の結果を重視する傾向にあったが、今回は極めて異例

・一方の小塚崇彦選手は落選

男子では全日本選手権で3位に入った小塚崇彦(トヨタ自動車)が高橋大輔(関大大学院)と3人目の枠を争い、落選

日本スケート連盟は、小塚に対しては、全日本の滑りは評価しつつも、今季序盤の不振が長かったことをマイナス面に挙げた

小塚は、目を腫らしながらも「本当に残念です。(選考について)思うことはあるけど、連盟が決めたことに従うだけ」と気丈に語った

今後については「いいところで引き際というのもある」と話し、現役を続けるかどうかは明言しなかった

・また母親としてソチを目指していた安藤美姫選手は代表に選ばれず引退へ

育児との両立に挑戦した8か月間を終え、「自分らしく気持ち良く終われた。今日が一番幸せ」と笑顔と涙

1 2 3