1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

BlueMondayさん

私たちが普段何気なく口にする食事。冷え性の原因にもなるのです。

特に不妊症や生理不順、生理痛などでお悩みの方は、冷え性が原因になっている場合が多く、身近な食事の改善によってずいぶん違ってくる場合もあります

カラダを冷やす「食材」って?

体を冷やす食品は鎮静作用もあるため、 火を通したり、体を温める食品と組み合わせて、上手にバランスをとりましょう。

昔の人たちは、その土地でその季節に取れるものを食べていましたが、最近は季節を問わずに、食材を食べることができます。それが冷え性を悪化させている可能性があるのです。

冷え性を悪化させるのは、
「物理的に冷たい」「甘い」「暖かい地方でとれる」
食べ物です。
一般的に「陰性」の食べ物と呼ばれています。

摂取することで、体温を下げてしまうので
冷え性がつらい時には、摂取するのは避ける方がよいでしょう。

▼夏が旬の野菜

出典nanapi.jp

トマト・レタス・きゅうり・なす・セロリなど

これらは体を冷やす効果があり、夏には食べるのには適していますが、寒い季節は体を冷やす原因に。

特に生野菜で摂取すると、冷え性を悪化させます。

熱を通すと陽性に近づくので、生で食べるのは避け火を通すようにするといいでしょう。

サラダより温サラダ、冬は特に根菜類など多く取ると良いです

▼南の国や夏に収穫される果物

マンゴー、バナナ、パイナップル、すいか…など

ビタミンがたくさんあるからと言って大量に取ると冷え性の原因に! 冬は控えめにしたほうがいいでしょう。

また、水分を多く含むフルーツも、ドライフルーツにすることで陽の食材に変わることを覚えておきましょう。

ドライフルーツには、食物繊維が豊富なものが多いので、お通じにもよく一石二鳥な食材です。

▼コーヒー/緑茶

他に牛乳、豆乳なども。

コーヒーや緑茶には利尿作用があるので、排尿により体温が外へ逃げることが、体を冷やす一因とも考えられるかもしれません。

お茶は発酵させたほうが体を温めますが、見分けは色。茶色のものは発酵していると考えてよいでしょう。寝る前に飲むと体を温めて眠りにつきやすくなります。

冷え性改善の飲み物として一番人気があるのはジンジャーティー。
日本語でいうところの、生姜入り紅茶です。

温かい紅茶にしょうがのしぼり汁を入れるだけ!発酵したお茶(紅茶)×発汗作用のあるしょうがで、より温まります。甘みを足したい場合は、黒糖やはちみつを入れるとより効果的です。

食生活の習慣も見直してみて

何気ない習慣も、見直してみるべき。

「朝食」を抜かないで

睡眠中は代謝も低下しており、朝食は1日の活動に向けて代謝を高め、体温を上昇させるという意味からも、とくに重要です。

1 2