1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

意外と多い?【朝シャワー派】の人は生活スタイルを見直したほうがいいかも

夜風呂よりも朝シャワー派だという人、意外と多いようです。色々な理由もあって朝シャワー派のほうですが、夜風呂へ見直したほうが、体にとっては色々いいことがありそうなのでまとめてみました。

更新日: 2013年12月26日

841 お気に入り 906768 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canyonstreamさん

意外といる、朝シャワー派の人

Q.あなたの入浴方法は次のうちどれに当てはまりますか?
夜、湯船につかる......53.2%
夜、シャワーだけで済ませる......35.6%
朝、湯船につかる......2.0%
朝、シャワーで済ませる......9.2%

特に東京でひとり暮らしをしている人は、住環境から「シャワーで済ませる」ことが多い

仕事にでかける前に入って、帰ってきたら化粧を落としてそのまま休むってのが習慣化しやすい

朝シャワー派の方が居たのですが、その人に話しを聞いたところ、夜はお風呂に入らないみたい

海外生活が長い方の中には、夜お風呂に入るより、朝、シャワーを浴びるスタイルが習慣になっている人が多い。

朝シャワー派のネガティブな理由

特に疲れて帰ってきたときは、ごはんを食べてそのまま寝がち。

仕事がハードなこともあり帰宅後夕食をとると猛烈な睡魔に襲われるらしく夏であってもそのまま寝てしまいます。

朝シャワー派のポジティブな理由

寝起きの体は副交感神経が働いたリラックス状態ですが、熱いシャワーで交感神経を刺激すると、スッキリと目が覚め、体が活動状態に。

体を洗った流れでそのまま髭を剃ることができる
これは男性にとって唯一のメリット

でも朝シャワーより、夜しっかり風呂に入ったほうが良さそう

健康のためには、やはり夜の入浴を習慣づけることが大切

▽夜風呂のほうが、睡眠の質が良くなる

一日中活動した体は、疲れがたまり、体も頭も目も凝った状態。夜ゆっくりお風呂に入って温まることで、血行がよくなり、リラックス効果が得られます

肉体的ストレス(疲労)を解消するのは,睡眠なのですが,この準備としても入浴は大きく関わっている

寝る前に体温を上げることで、寝つきや睡眠の質もよくなる

質の高い睡眠を得るには、寝る1時間くらい前に副交感神経を優位にすると言われる41度以下のお風呂に10分以上入るのが効果てき面

1 2