六白金星は兌宮(だきゅう)の西の宮に入ります。五行は金で陽が強い宮です。金は白虎ですから俊足で、しかも陽が多いので前向きさは積極的な行動の質が強く出る1年です。八卦では西は兌(だ)で中国ではお金の意味です。では、お金がたまるかというとそうではありません。反対に欠けた椀にお金を注ぐようなもの、こぼれ落ちて決して貯まらないという1年になりそうです。人では少女で愛される着飾りたいということは派手好きの高額商品も平気というブランド人間?ですから今年の1年はお金の管理がとても大切ということになります。また、交際上手な少女から交友関係は活発になりそうです。そのため飲食の費用も多めにかかるでしょう。でもそのことは恋にも結び付くのであまり費用を締め付けると楽しさも半減、実る恋も?ということになりますからメリハリをつけたお金の管理が必要です。また、調子に乗りやすく浮かれると口舌(口災い)で相手を傷つける可能性もあるので注意しましょう。健康管理はしっかりと楽しい1年にしてください。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る