七赤金星は艮宮(ごんきゅう)の北東の宮に入ります。五行は土で八卦では陰の中に陽が入る宮です。土には煮え切らない優柔不断の特徴があるのですが行動の陽の質がこの性質を小さくします。土の中でも粘土なのでどんな形ちにも変化し焼き上げると形は力で押しても割れるまで壊れない頑固な一面も顔を出します。粘土のどんな型にも?は変化変動という形でこの1年は表れます。また、一度焼き上げると壊れるまで型は崩れないことは方向が決まると人の意見に耳を傾けない意固地さがでる。形がまとまるまでは慎重に事を運ぶのですがいったん焼きあがるともう、猪突猛進に突き進むという質が後戻りを許しません。この点が一番の注意点です。今年の1年でことの重要な節目は必ず専門家の意見を仰ぐことが大切です。今年の運気は急激に落ちてきているので運は味方してくれません。一気に走り始めるのは危険が伴うことを忘れないでください。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る