八白土星は離宮(りきゅう)の南の宮に入ります。五行は火で陽の質です。火は知(学芸術)に造詣が深い。陽は明るさを表すので華麗な感じ?朱雀(すじゃく)だもの「火の鳥」です。でも、離の意味は別れの意味でもあるのです。離合集散の意味合いがある宮です。ということで、今年は知(学芸術)に関することは良好を得ます。特に先見の明は新たな発見や方式のひらめき、技でも美技を取得する、試験でも良い結果がでたりと幸運が期待できるでしょう。また、光の強さは運気もアップさせるでしょうから思わぬラッキーなことも?少しは期待できるかも(宝くじなどはその人の力量が影響しますから高額をねらっても無理と思うこと)。でも、注意しなくてはいけないことは別れ(離)の象意です。突然、表れることが多いので要注意です。反対に新たな出会いや隠れていたものが見つかるなどの象意もある1年です。運気の強い年を利用して今年できることは来年に持ち越すことはやめましょう。来年は坎宮に入るのでことがうまく進みません。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る