1. まとめトップ

ざっくり分かる面白法人カヤック

3分で分かるカヤック解説集!どんな会社かちょっと読んでみてね。

更新日: 2014年07月03日

10 お気に入り 13319 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

miyoccoさん

『面白法人』ってどういうこと?

マンガっぽく。
そして、3本目のオールは、社員が好きなデザインに変えられるようになってます!

「面白い人」より「面白がる人」であれ。

まずは、自分たちが面白がろう。

自分たちが面白がらずにつくったものを、
誰が面白がってくれるだろうか。
面白がるために、好きな仲間と好きなことをやろう。
もし面白がれない時は、とにかくアイデアを出して、
面白がれる視点を見つけよう。

つぎに、面白い人たちになろう。

サイコロを振って給料を決めたり、
旅をしながら働いたり、
自分たちにしかできないことをやろう。
誰もやらないことをやれば、きっと見ていて面白いはず。

そして、誰かの人生を面白くしよう。

世界一わかりやすい経営理念『つくる人を増やす』

たった8文字の経営理念。
だから、覚えられる。
でも、わかりやすい。

一言で、みんなが覚えられて、力をもった言葉にしたい。
ひとりひとりが考え、クリエイティブであり続けられる。
だからこそ、この経営理念になった。

カヤックという法人が、どこに進んだらいいか迷った時、
それを思い出せば、ちゃんと道しるべになる言葉。
僕ら自身を正しい方向に導く羅針盤。それが、この経営理念。

会社の制度も採用も面白さを追求する!

カヤックが切り開いたことの1つは、「会社そのものが面白くていいんだ」という考えだと思います。
サイコロを振って給料を決めたり、働き方や働く場所を自由にしたりすることに早くからチャレンジしました。
その結果、会社の活動そのものが、見ていて面白いと言われるようになったのだと思います。

面白く働いている姿を見せて世界を勇気づけるために、会社自体をコンテンツにしていくという考え方をしています。
だから、社員も制度も採用も、世の中の人が楽しめるコンテンツになるように考えています。

新卒採用スローガンを「節就宣言」と題し、就活生が就活にかける時間を節約する企画に。
わざわざ関東まで来なくても、会社説明会に参加できるよう、オリジナルの「会社説明会バス」で、鹿児島から北海道まで全国縦断して、カヤックから出向きました。

ところで、一体どんな事業をしているの?

ざっくり分けると、自社サービスとクライアントワークの2つに分けられます。
自社サービスはさらに、ソーシャルゲーム事業、コミュニティ事業、小ネタ事業の3つに分けられます。

クライアントワーク

どれだけ、バズるか。それがクライアントワークの使命。

クライアントワークは「とにかくバズる=話題になる」を合言葉に、世間を驚かすような新しく、面白い仕事にチャレンジしています。主に、お客さんからWEBの広告キャンペーンを依頼され、それを制作しています。

自社サービス(ソーシャルゲーム・コミュニティ・小ネタなど)

ビンボーゆすり――それは人が思考するときに現れる、一人一人固有のインナービート。脳の運動としての「考えること」と、体の運動としての「ビンボーゆすり」はつながっています。YUREX™は、ビンボーゆすりを脳の集中状態を示すバロメーターととらえ、そのリズムをコントロール。明和電機土佐社長のBBU概論にもとづき、あなたの集中力を引きだす世界初のクリエイティブサポート装置です。

大嫌いな算数を、大好きなうんこで楽しく. 「うんこ演算」は、小学生高学年程度の算数が学べる「さんすうドリル」アプリケーションです。

ざっくり理解できた?

何かわからないことがあればこちらまでー
@kayac_inc

「カヤック社員紹介」に新たなメンバーが掲載されました。 漫画名刺のアイコンにも御注目くださいませ(人事担当リサ) kayac.com/team/?sort=ent… #kayac

1