1. まとめトップ

キャッシングして失敗する人、しない人の違いとは

キャッシングを利用して失敗する人としない人がいます。その違いはいったいどのような理由があるのでしょうか。消費者金融のキャッシングを利用して失敗してしまう人と、そうでない人との違いについてご紹介します。

更新日: 2013年12月27日

1 お気に入り 6660 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

akinaruna899さん

キャッシングで失敗してしまう人は多い

あまり安易に利用してしまうと、後々後悔してしまうというケースがあるようです。

キャッシングを利用して失敗していまうケースについてご紹介します。

私は、若い頃にその借りやすさから消費者金融からお金を借りていたのですが、しだいに借金の額が増えてきて最終的には、自力で払うことが出来なくなり泣きながら身内に頼んだ経験がある

お金を借りやすいからと何も考えずに消費者金融からお金を借りると後々失敗する

消費者金融(ローン)やクレジット(注)の無計画な利用により、借金が雪だるま式に増えてしまう「多重債務」状態に陥り失敗する人が多い

なぜキャッシングで失敗してしまうのか

キャッシングで失敗してしまう理由はなんでしょうか?

その失敗してしまう理由について調べてみます。

理由が分かれば、自ずと改善法も見つかってきます。

気軽で利用できるがゆえについ必要以上にお金を借りすぎてしまう人は失敗しやすい

借金を返せる見込みがないのにも関わらず借金してしまう

ギャンブルや飲酒、友人との付き合いなどが多く、収入に見合った使い方が出来ない方は、計画性がない為にキャッシングしても同じように無計画で使ってしまい失敗する

お金の価値を軽んじていて、「どうせすぐに返済できる」と思い危機感がない方は、返済が滞りがちになり失敗します。

「返せないから他から借りて返せばいいや」などという短絡的な考えをする方は絶対に失敗します

そのような方が失敗しないようにするには

キャッシングで失敗しないようにするには、上に書いたような失敗しやすい要因を改善することが求められます。

根本的に性格を変えることが出来ない方は、キャッシングには不向きなので利用しない方が賢明です。

返せる見込みがある時にだけキャッシングを利用し、お金が入った際には確実に返済に充てる

出来るだけ密に返済計画を練り、その計画通りに計画を遂行する

生活費が足りなくなる原因がギャンブルや飲酒、娯楽などであるなら、借金を重ねるのではなくその趣味を制限するようにする

お金の価値が分からなくなっているのならば、もう一度お金を価値を見直すような行動を取るようにする

キャッシングで失敗しない人が行っていることとは

キャッシングで失敗しない人が行っていることをご紹介します。

いくつかポイントがありますが、そのポイントを抑えるだけで失敗が減少します。

怪しい違法な金融業者から金を借りないようにします。なるべく大手の消費者金融を利用するようにして、怪しい金融業者は絶対に利用しないようにします

年率20%以上の金利をしっかり理解する。これは当然分かっていることですが、常にこの数字が守られているかチェックすることが大事です。

多重債務は絶対にしない。多重債務は百害あって一利なしです。消費者金融などに紹介されると、紹介料などを取られますので、絶対に紹介はしてもらわないことです

返せる見込みがない場合は利用しない。返せる見込みもないのに借金すると、金利分だけ損してしまいます。

ギャンブルや遊び、交際費などにキャッシングを絶対に利用しない。このようなケースに利用するとお金の価値が分からなくなってしまいます

利用する際には、一か月以内に全て完済する。自分の中のルールとして決めておくと金利で苦しむことはありません

ポイントはなるべく利用しないことです

使用しなければ失敗することはありません。

なので、なるべく利用しないということが失敗しないということに繋がります。

浪費よりも貯金を行う習慣をつけましょう。

どうしてもお金が必要な時は友人や親族から借り入れするようにします

お金はいつ必要になるか分かりません。なので、常日頃から貯金するようにして備えるようにしましょう。

1 2