1. まとめトップ

【キャッシング】金融専門家が書いた、キャッシング前に絶対読ほしい!キャッシングの注意点

【キャッシング】金融専門家が書いた、キャッシング前に絶対読ほしい!キャッシングの注意点など。

更新日: 2016年11月15日

0 お気に入り 4832 view
お気に入り追加

おすすめ大手キャッシング業者

改正貸金業法により総量規制が行われ、年収の3分の1までしか借り入れすることができなくなりました。
すでに年収の3分の1以上の借り入れを行っている方は、これ以上の融資を受けることができません。

それでも貸してくれる業者を探していると、貸してくれるとかもしれないという業者に行きあたるかもしれません。
しかし、それは怪しいと疑ったほうが良いでしょう。ヤミ金かもしれません。
「ちょっとでも怪しいかな?」と思ったら借りない。これが鉄則です。

3.怪しげな業者には絶対に手を出してはいけない

キャッシングは基本的に、利用可能額の範囲であれば返済期間中であっても追加の借入が可能で、複数の業者から借りることもできるので、気づかないうちに借り過ぎてしまい、返済が困難になる恐れがあります。少額から始めたキャッシングも積もり積もれば、多重債務となります。
キャッシングを利用する場合は、「借りることができる金額」よりも「毎月返せる金額」を考えた上で、計画的に借りるようにしましょう。
また、返済期間中に、追加でキャッシングを利用する場合は、まず現在の「借入残高」と「毎月の返済額」を確認してから、自分の返済能力を超えない範囲で借りるようにしましょう。
キャッシングは、簡単にお金を借りることができる反面、その仕組みをよく理解しないで借り過ぎてしまうと、借りたお金が返せなくなる恐れがありますのでくれぐれも注意しましょう。

2. 借り過ぎに注意。

借入額や返済期間によっても異なりますが、年利換算で10%台後半の金利がかかります。これは利息制限法の上限金利(15%~20%)とほぼ同じ金利です。
また、クレジットカードで買い物をした場合は、一括返済であれば購入金額に利息はかかりませんが、キャッシングの場合は、基本的に「一括返済」でも日割りで所定の利息がかかります。

1. 高額な利息が短期〜長期でかかる

1