1. まとめトップ

西日本の給食の無い、または対応の良い学校・地域

情報募集中です。ツイッターアカウント @4_sea_ までお寄せ頂けると幸いです。

更新日: 2016年07月07日

13 お気に入り 84843 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

4_sea_さん

給食の無い地域・学校

@4_Sea_ 神戸市垂水区の愛徳学園小学校中学校高校はお弁当の学校です。カトリックのミッションスクール。

@4_Sea_ 初めまして。ネットで調べものしていたら まとめNEVERのページにきました。西日本で給食のない地域、気を使っているところ連絡くださいとあったので連絡しました。高知県土佐清水市に移住しました。ここは保育園は給食ですが小学校中学校とむかしからお弁当もちです。

@4_Sea_ 今も給食をはじめたいとの意見はありますが、全体的に低収入で給食費の問題やはたして給食センターをつくる予算があるのか(ない)で当分は実現しないでしょう。毎日のことですから、安心して学校に送り出せています。これだけでもストレスなしですね。

@4_Sea_ そしてとなりの四万十市の中村の学校もお弁当だということを聞いています。

対応の良い地域・学校

拡散お願いします! 息子の通う熊本県山都町の『蘇陽南小学校』、安全性を重視し地元産有機野菜や安全性の高い魚介類を積極的に使っており、味噌はなんと児童達自らが授業で作った『手作りみそ』を使用!素晴らしい! 学校も移住歓迎! pic.twitter.com/UuVP2thCSA

息子の小学校の給食食材だより。 食材をこれから毎月記載とのこと。 と~~~っても 頑張ってくれてます。 弁当持参の我が家には 1ヶ月分の1日毎のメニュー、食材、調理手順のメモを毎月くださる。こんな学校あるやろうか。。 pic.twitter.com/6UaejDdwib

熊本県山都町の方。通潤橋で有名な場所ですね。http://www.panoramio.com/photo/59076672

兵庫県宝塚市の対応がなかなか凄い

出典岩波ブックレット 「放射能汚染と学校給食」

・チェルノブイリ後もヨーロッパのパスタ等は使わず
・500万円近い高性能な放射能測定機を購入。測定担当者を置き、一日中フル稼働
・食材は市内産、県産中心。
・汚染牛肉問題後は県産牛に限定。産地指定に業界から批判があったが子供の命を優先。県産品は価格高いため、量を減らしたり豚肉に変えたり、現場で対応。(※現在は安全性が確認されたとして他県産も使用)

 陰膳方式(事後測定)がメインのようだが、13年度から食材の測定にも展開する模様。
 中川智子市長の意向が大きいようです。

宝塚市は、今年度から丸ごと測定から食材測定に切り替えました。また、自主測定により、保護者の安心や移転先として選ばれるようになったこと、近隣自治体の導入に良い影響を与えたこと、もしものとき持っていることの安心が得られたことが大きいと、市の担当者から聞きました。

学校で何が一番楽しい?「給食!とにかく給食が凄く美味しい!」宝塚市小学1年生の生の声。兵庫県宝塚市、給食の放射能対策も素晴らしいが、美味しさの拘りも凄い。市長「暖かいうちに食べて欲しいから自校方式に変えた」 goo.gl/0Mm2Ks

給食の放射能対応が素晴らしいと言われる兵庫県宝塚市でも福島の桃が出るんだな。事前測定で不検出。この検査体制自体は素晴らしいが、検出限界がセシウム合算で15ベクレルの時もある。隣県の岡山の桃を使えば良いんじゃないか? city.takarazuka.hyogo.jp/sub_file/04020…

不検出とゼロは違う。セシウムしか測ってないわけで。
西日本の食材を念のため測るというスタンスに変えるべき。
そもそも原子力緊急事態宣言が出ている中、のん気に桃なんか食ってる場合か?

でも産地公開してくれてる点だけでも素晴らしい。
自己判断で防御可能。

淡路島って本来であれば徳島県にあるはずだったんだよね。阿波国、淡路国、両方とも徳島藩が治めてたわけで。それが明治維新の時、淡路の武士達が士族として認められなくて、阿波国の武士との間で揉め事が起きてしまって、兵庫に入ることになってしまった。芦屋市の子供達、良かったですね。#給食食材

TL上に今年小学校入学で、給食で悩んでいる声がちらほら。不安に思うことがあれば、各自治体の学校給食室に問い合わせてみるといいですよ。産地や、給食に対する取り組みなども教えてくれます。 自治体によって違うようですが、例えば豊中市ではお弁当も、代替も、牛乳なしもOKです。

尼崎も給食の産地公開してるのね。米は尼崎、パンの小麦粉はアメリカ、カナダ、牛乳は淡路島。野菜もパッと見た感じは北海道と西のものが多い。city.amagasaki.hyogo.jp/dbps_data/_mat…

@4_Sea_ @tsubaki131 大和高田市のこども園は、原発事故を受けて産地変更されています。

奈良県

保育園見学報告!グリーンコープの無認可保育園「元気の森」さんは給食は全てグリーンコープのを使っているそう。(グリーンコープは放射能をに自社で測定して自社基準に通ったものを販売している)移住されてきた方はもう既にご存知の方多いようですね。

学校給食で使用している主な食品の産地: 米子市では地産地消の取組みを進めており、学校給食においても可能な限り地元産の食材を使用するよう努めています。 dlvr.it/4nVXK7

原発が近いのがちょっとな

@4_Sea_ なるべく地産地消を頑張っているようです、地域の方が大豆を植え、それを加工し給食にしようと取り組み、できることから始めています(^ ^) がまだ、万全とは言えません。 これからです。

黒滝村

岡山県の学校給食の地産地消率についてニュース報道していたが、記事になるだろうか。市町村で差があると言っていた。一番地産地消率が高いのは、早島町。一番低いのは、津山市。

@4_Sea_ 岡山市の場合「移住定住支援室」のページに学校給食の食材情報が掲載されています。 city.okayama.jp/seisaku/jigyos… 米は岡山市、牛乳は岡山県、パンや麺類の小麦粉は北米、他の食材も殆どが西日本。 それでも心配な場合は保護者の判断で弁当持参を選択できます。

岡山市学校給食の食材 14年1月予定の茨城のピーマンが気になるくらい

http://www.city.okayama.jp/kyouiku/hokentaiikuka/hokentaiikuka_00037.html

@hanayuu @katsumataryudai こんばんは。 岡山市は移住支援に注力しており、給食についても産地情報の開示や地産地消に努めています。例えば米は岡山市内、牛乳は岡山県内など。 また、それでも弁当持参を希望する場合は、食べない分の給食費を支払う必要がありません。

@4_Sea_ 4-Sea様こんばんは。 「西日本の給食の無い、または対応の良い学校・地域」を拝見しました。 岡山の場合、クリスマスケーキ等に不適切な選択がありましたが、基本的に地産地消なので安心です。 また、給食拒否や弁当持参も自由で、当然ながら拒否分の費用は支払不要です。

和気町では、避難ママたちが学校と学校の栄養士と教育委員会に何度も訴えたところ、和気町に佐伯こんにゃくという会社があって、そこで作っている和気町産のこんにゃくをつかった製品を使うことになりました。あきらめたら、そこまでだよ。がんば♪ twitter.com/deepblue_cat/s…

これは「対応が凄いママさん達がいる地域」ですね。

福岡市の学校給食では、アレルギーを申告する用紙のこの部分に「内部被曝(ひばく)予防」と書けば医師の診断書なくても牛乳のストップやお弁当の持参、差し替えができます。 pic.twitter.com/NTqhtCv9z3

1 2