1. まとめトップ
60 お気に入り 673053 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

freejapanさん

湿度とは

相対湿度(relative humidity)とは、ある気温で大気が含むことのできる水蒸気の最大量(飽和水蒸気量)を100とし、実際の水蒸気量の測定値を比率(パーセント)で表したもの。

つまりある空間に100リットル水が蒸発できるとして、50リットル水が蒸発している場合は湿度50%になり、100リットル蒸発していてこれ以上蒸発できない状態であれば100%となります。

夏の理想的な湿度

50~60%程度
70%くらいで蒸し暑く感じる。

冬の理想的な湿度

40~50%程度
乾燥すると(40%以下)、インフルエンザウィルスが活発になるようです。

年間を通して理想的な温度と湿度

ダニやカビは湿度が50%以上で繁殖をはじめ、60%を超すと急激に繁殖を始めます。 冬の間、気をつけていたインフルエンザなどのウイルスやバクテリアは、湿度が40%以下で活動しはじめます。
このことから、カビやダニの繁殖を防ぎ、風邪やインフルエンザを予防できる、健康にとって理想的な湿度は50%前後だと言われています。
乾燥しすぎることは、喘息やアレルギー性鼻炎にもよくありませんから、この高くもなく、低くもない湿度50%は、家庭環境で目指したい湿度の理想ゾーンといえるでしょう。

肌に良い湿度は、60~65%といわれています。
湿度50%を下回ると、お肌がじわじわと乾燥しはじめます。

疲れ目・眼精疲労の原因の一つであるドライアイ予防には、
少し高めに設定して50%を下回らないようにします。

人が快適に寝ることができる室内の湿度は夏、
冬ともに50%~70%くらいまでが最適といわれています。

結論

50%台後半くらいが無難そうです。ただ冬はそこまで上げるのは難しいので、結露が出ない程度まで湿度を上げましょう。

1