当初の歌詞は2番までしかなく、カチューシャの恋人が兵士として徴用されていることを示唆する内容はなかった。しかし当時の不穏な世界情勢を反映して、国境警備に当たる若い兵士を故郷の恋人が思って歌うという設定で3番と4番の歌詞が書き足された。

出典カチューシャ (歌曲) - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

寂しげだけど何度も聴きたくなってしまう「ロシア民謡」名曲5選

ロシア民謡って寂しげに聴こえるけど頭の中にメロディーが残りませんか?そんな曲を集めました。

このまとめを見る