1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

進撃の巨人もびっくり!?人体内部に潜入できる博物館「コルプス」が面白い!

世の中には、凄まじい博物館があったものです。建物のインパクトも凄ければ、扱うテーマも「人体の中に入って人間の体を知ろう」という奇抜なもの。オランダにある「コルプス人体博物館」について調べました。

更新日: 2013年12月31日

535 お気に入り 126519 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

人体を旅する博物館、コルプスとは?

人体をテーマにした体験型の博物館

オランダ南西部の南ホラント州ウフストヘーストにあります。
英語風に“コーパス”と表記されることも。

人体内部を体験できるテーマパーク

巨大な人体の中に入り込んで、音声ガイドを聴きながら体験ツアーができます。

コルプス (corpus ) - ラテン語で「体」のこと

この博物館は教育、健康的な生活や食、そしてたくさんの運動テストがテーマとなっています。

「コルプス」の世界は、35メートルの透明なビルと人間の形をした建物の中に広がっています

その奇妙な建物は、人間の左半身が建物にめり込んでいるようでインパクト絶大です。

▷ これはもう殆ど、「進撃の巨人」の世界観…

博物館は「人体内を体験する旅」をキャッチコピーとしており、人体の仕組みを学ぶことができます

間違いなく生涯忘れられない体験になりそうです。

巨大な臓器のレプリカや最新の技術を駆使した5D効果や音響により、本物の人間の内部に入り込んだかのような不思議な感覚を味わうことができる

オープンは2008年。新しく、最新の技術が用いられています。

体内に潜入!

▷ 人体の機能を身をもって体験できます。

人体への旅は約1時間コースで、膝から始まり、子宮、消化器、肺、心臓に進み、頭部では口、鼻、耳を回り、最後は脳で終わる

小さくなって体内に入り込むなんて、SFのようです。

「コルプス」の頭からつま先までの旅の中で、人間の体に関するたくさんの謎が解き明かされていきます

実際に体験しながらガイドを聴くので、学習効果は抜群でしょう。

オーディオガイドは8言語(オランダ語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、中国語)に対応

ヘッドフォンで音声ガイドを受けながら、旅は進行します。

膨大な収蔵品の常設や展示の入れ替えが行われ、来館者が楽しみながら学ぶことができるように工夫されている

楽しみながら人体の神秘を学べるように、ゲームっぽいアトラクションもあるようです。

人体模型を見るよりもこういう風に人体を知るほうが面白そう

一度行ってみたいものです。

館内ギャラリー

関連リンク

紹介動画(英語)。めちゃくちゃ楽しそう!
レストランもありますが、こんな場所で食欲は沸くのでしょうか…。

1