1. まとめトップ

重曹ってこんなに便利!!

年末の大掃除に大活躍!!安くて簡単。使わない手はないですぞ!!

更新日: 2013年12月31日

16 お気に入り 20826 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pekepon6666さん

万能の粉、重曹を知ろう!~使い方

重曹(じゅうそう)は、昔からケーキなどのふくらし粉やそうじ道具など様々な用途で使われてるものです。
ベーキングパウダー、炭酸水素ナトリウム、重炭酸ソーダなど様々な名前で呼ばれています。

わが家の重曹
成分は鉱石や岩塩から精製された自然の「ナトリウム化合物」なので、川や海に流しても安全で、もちろん人体にも無害です。
環境にも人にもやさしく、塩と同じくらい安全であると言われています。
使い方は様々で、まさに節約の味方です!

台所での重曹の活用方法・使い方

鍋のこげを落とす
焦げ付いた鍋やフライパンに水を張り、重曹を小さじ2くらい入れて沸騰させます。
火を止めて数時間放置しておくと焦げが浮き上がってきます。多少残った焦げは、タワシなどでこすれば簡単に落とせます。
<注意!>アルミ製の鍋には黒ずむので使用は避けましょう。

ガスレンジの油汚れに
ガスレンジ周りやレンジフードの油汚れに、重曹を振りかけて油と馴染ませておき、いらない布などで拭き取ります。
この時、あまり水を使わないのがポイント。
あまりひどくないうちなら重曹できれいになります。

食器の茶シブ落としに
クレンザー代わりに使います。
コーヒー、紅茶のシミ、茶シブ、タバコのヤニなどにも重曹をこすり付けて磨くとよく落ちます。

魚焼きグリルの消臭に
魚焼きのグリルに重曹を敷き詰めて焼くと、臭いがしません。

まな板消臭に
魚や肉生臭さの残ったまな板に重曹を振りかけてタワシで洗うと、汚れと一緒に臭いもよく落ちます。
魚をさばいて臭いの残った手も重曹で洗うと臭いが取れます。

排水溝に
1カップ位の重曹を排水口に入れ、熱いお湯を流すと臭いが取れます。
臭い予防にもなります。

重曹の脱臭効果

カーペットの脱臭
カーペットに振りかけて、2時間ほど置いてから掃除機で吸い取ると、臭いが取れます。

冷蔵庫の脱臭に
1カップくらいの重曹をカップや空きビンに入れ、蓋をせずに置くと2ヶ月程度は脱臭効果が期待できます。
脱臭剤として使った後も洗浄や排水口の掃除にも使えるので無駄がありません。

靴の脱臭
重曹を半紙などに包んで入れておくと、臭いが消えます。

ゴミ箱・生ゴミの脱臭
ゴミ箱や生ごみ用バケツにも重曹を一掴み入れておくと、脱臭と多少の水分を吸い取ることができます。
ゴミ箱を洗うときは使った重曹で洗うことができるので無駄がありません。

ペットに重曹を活用

ペットの消臭に
ペットを洗う時お湯に、大さじ1~2杯ほどの重曹を混ぜると、毛はふわふわになり嫌な臭いもなくなります。
毛が乾いている状態の時は重曹を直接たくさんかけて、ドライシャンプーした後ブラッシングをして汚れを落とします。 消臭効果もあります!

ペットのトイレに
ペットのトイレに重曹を適量振りかけておくと清潔で消臭効果もあります。

首輪やリードの汚れに
首輪やリードなどが汚れた時は1リットルの水に重曹大さじ4を溶かしてから入れてこすり洗いしてよくすすいでから干します。

まだまだある重曹の便利な使い方

お風呂掃除に
湯あかのついた洗面器や風呂椅子などは、残り湯に重曹を入れて一晩浸けてから洗うと簡単に掃除できます。
また、水を少し含ませたスポンジに重曹をつけて直接磨いてもOKです。浴室の床や目地にも使えます。

入浴剤として
沸かしたお風呂の中に重曹をひとつかみ入れてよく混ぜて入浴します。
少しヌルついた感じがしますが、あがった後はさっぱりとします。
重曹を入れた湯は、血管を拡張し、血行を促進する働きがあるので、疲労回復、神経痛、肩や腰の痛みや凝り、冷え性、皮膚の活性化などに効果があります。

スプーン・フォークの曇りをスッキリ
重曹を溶かしたお湯にアルミ箔を敷いて、その上に曇ったスプーン、フォークなどを置いて、数時間浸けておきます。
水で洗い流すできれいになります。

アルミでできた製品を洗う時の注意点

重曹の成分は人間の身体にたいへん優しいものなので、どのような場所の掃除にも活躍すると知れ渡っているアイテムです。
しかしながら、重層が適していない場所もあるため、この点は理解しておきましょう。
重曹が黒く変色させてしまうので、アルミでできた製品には使用不可です。
そして、畳や木の拭き掃除の際に使用すると、黄ばみの理由となってしまうので控えましょう。

テフロン加工されたものも、使用は控えましょう。
重曹は、排水溝部分の掃除の際にも多いに役に立つものですが、排水溝掃除でのトラブルが頻発していることを記憶しておきましょう。

排水溝掃除は手を届かせるのが容易ではないため、重曹を振りかけて少し置いてから水で洗い流しますが、余計に重層を入れてしまう人が見受けられます。
排水溝の中において重層が固まり、その結果詰まりを引き起こすなどのトラブルがよく発生しています。
このような事態に陥らないように、適した分量を考慮して使っていきましょう。

仮に詰まった状態になったときは、熱湯をそこに流し入れてみたり折れにくい棒でつついて取り除くなどで詰まりがなくなることもあります。
重層を部屋の掃除とは別個に洗顔や入浴剤などとして利用したいときは、食用か薬用どちらかに分類されるものを使うようにしましょう。
重層は、どこにでも売られている洗剤と比べてみてもとても身体に配慮された成分ですが、全てにおいて完璧というわけにはいきません。

肌が弱い人には刺激となることがありますから、このような人は直接肌に触れないように考慮が必要です。

また、肌に自信がある人でも重曹掃除などをした後は、スキンケアをしておくようにしましょう。
掃除は毎日欠かさずすることですから、トラブルとは無縁でいたいものですね。

美容アイテムにもよい重層パワー

重層は、掃除だけでなく使える万能アイテムです。
美容のアイテムとして有用なものになるということはご存知ですか。

例としては、重層に石けんやハーブビネガーを追加すると、美容効果が高い洗顔が実現します。
純石けんなどをしっかりと泡立ててそこに重曹を加えると、かなりキメの細かい泡に変わります。

そうして作った泡で優しい洗顔を行った後は、ハーブビネガーを混ぜたお湯で優しくすすぎを済ませます。
また、歯磨きにも重層が力を発揮します。
重層2に対しグリセリン1を混合させるだけで、歯磨きペーストに仕上がります。
それに塩を入れれば、歯ぐきの引き締めにより効果的ですし、ペパーミントをはじめとした精油を追加すれば爽やかさが増します。

そして重曹に塩、グリセリン、にがりを足したものを浴槽に入れてみると、楽に入浴剤として使用可能な状態になります。
割合は総じて1で良いため、記憶しておくのが楽ですし、そこに自分の好みの精油を加えれば専用の温泉の気分が味わえます。
にがりは新陳代謝を促すのに効果的で、グリセリンには保湿効果が見込めますし、塩にも身体を芯から温める作用が期待できます。
割合に変化を加えることで、お気に入りの入浴剤を誕生させて息抜きをしましょう。

もちろん、重曹が入っていますから、お風呂にあるお湯を流していく時には必然的に排水部分の掃除がなされます。
さらに、浴槽も汚れが付きにくいといった作用もあるので、常日頃からのお風呂掃除が簡略化されます。
肌トラブルに見舞われないためにも、精油を使用するときには自分の肌に気遣ったものにしましょう。

重層の掃除セットを完備しよう

重層を使用した掃除洗剤を何個か用意しておけば、部屋中いたるところの掃除に活用することができます。
重層の掃除セットを作り上げて、どんな時も使用できるように用意しておきましょう。

掃除セットでしたら、重層以外に酢と石けんがあればたやすく作ることができます。
作るのは、パウダークリーナー、ハーブビネガー水、石けん水の3種類です。
ハーブビネガー水とは、乾燥ハーブを使わないで作り出すハーブビネガー水で手間をかけずに作ることができます。

乾燥ハーブを入れてしまうと、成分が酢に染み渡るまで10日もの時間が必要ですが、代わりに精油を使ってしまえばその日のうちに作ることが可能です。
精油に認められる油分は、ガーゼなどでこすだけで減らすことができます。
スピーディに作り出せるハーブビネガー水は、大さじ1の酢に対し精油を1滴たらして、さらに水大さじ2を加えてかき混ぜるだけです。
大量に作るときは、それを単に倍にして量を定めれば良いのです。

掃除セットの1つに数えられる石けん水は、重層で磨いても取り去れない厄介な汚れ用に作っておきます。
基本は、汚れに重曹パウダーを振りかけて水をつけてスポンジでみがき、ハーブビネガー水を吹きかけて拭い去るだけです。
重層で汚れを表面に出してスポンジで除去してから、ハーブビネガー水でゆすぐのです。

ハーブビネガー水でなぜ流すのかというと、重曹を使って磨いた後に残る粉を防止するためです。
どんなに丹念に重曹を拭き取っても、ざらついている感じは残留してしまうのです。
残っている重層にハーブビネガー水をかけることにより泡の状態にして、徹底的に取り除くことが可能になります。
精油が含有されているので、気持ちの良い香りが広がります。
重曹掃除の仕上げには、ハーブビネガー水を使うのが最適です。

ドライハーブに酢を混ぜてハーブビネガーに

重曹を活用した掃除にハーブビネガーを入れると、拭き掃除に活かせます。
重曹洗剤で掃除をした後に、ハーブビネガーを床に吹きかけて磨くだけです。

拭き掃除を終了した後にはハーブの香りが感じられ、心地良さのある空間にしてくれます。
ハーブビネガーは、ドライハーブに酢を混合させるだけで作り上げることができます。
ハーブビネガーを作るときに使う酢は、穀物酢か別の物ではホワイトビネガーがぴったりだと言われています。

ただし、できあがりに約10日間も必要なことが弱点です。
一度作り上げてしまったらかなり有用な掃除アイテムとなりますから、最初は耐えて作りましょう。
10分程度で酢が発するニオイは特別なことをしなくても消えていくので、気にしなくても大丈夫です。

たばこやトイレの不快なニオイの対策にもなりますし、魚を焼いた後の網のにおい消しや焦げ付きを防ぐことにも活用できます。
重曹と同じくハーブビネガーも自然のものを使っているので、色々な場所の掃除に使うことができます。
ただし、少し気を付けるべき要素があります。

酢が引き起こす問題があり、大理石に吹きかけると表面が溶けてしまうことがあるので使用しないように気を付けてください。
そして、ハーブビネガーの液体はそのハーブの色が出るので、布などの色が移りやすいものへ使うことは良くありません。
なお人によっては、ハーブに含まれる成分が合わない可能性もありますので、まず少しだけ使用してみて肌に変化がないか反応を見ながら使ってください。
汚れがひどい時には重曹を用いてしっかり掃除をし、普段はハーブビネガーを使って簡単に済ますのも効率的です。

エッセンシャルオイルと混ぜて作る重層クリーナー

精油を重層に混合させた重層クリーナーも、掃除アイテムとして役に立ちます。
精油とは、植物からきているものであり、個々の植物の精油から放たれる特色のある香りが重要な役目を担います。
精油と言うより、エッセンシャルオイルと言ったほうが知っている人が多いかもしれません。

天然の物質100%のもののみが精油と分類され、希釈したりだとか人工的な成分を加えたりしているものだとかは異なります。
ポプリオイルやアロマオイルとは全く別でとても値打ちのあるものですが、必ずしも高額商品だとは言えません。
何種類もの掃除用洗剤を買い集めるより、リーズナブルな値段で手に入れることができます。

精油には多種多様な種類があり、色々な効果が期待できます。
眠気を解消したり、集中力を与えてくれたりだとか、リラックスやリフレッシュ効果がもたらされるもの、部屋の空気清浄ができるものなどの特徴があります。
家の中の掃除の他、どういう効果を望むかによって、チョイスする精油が変わってくるのです。

家庭の掃除で用いるのに適しているとされる精油は、ティーツリー、カモミール、ローズ、ラベンダー、レモンといった柑橘系やその他ペパーミントやユーカリなどを挙げることができます。
ラベンダー・ティーツリー・ユーカリなどは、空気清浄の効果が期待でき、掃除や洗濯にうってつけの精油です。
ペパーミントだったりユーカリなどには眠気覚ましの作用があるので、ベッドルームの掃除には適さないかもしれません。
寝室には緊張を軽減したり十分に寝れるようにしてくれる効果のある、自分にとって心地よい精油を厳選すると、掃除をするのも苦ではなくなります。

重曹がカビ取り剤に変身!?

重曹に対し酸素系漂白剤を足すと、カビ取り剤になります。
漂白・殺菌効果もあるので、しぶとい汚れも取り除いてくれる掃除洗剤と言えます。
重曹にプラスする酸素系漂白剤は、過炭酸ナトリウム100%になっているものを選択して下さい。
合成界面活性剤とか塩素系漂白剤などは用いないようにして下さい。

重曹はアルカリ性の性質を持ちますが、酸素系漂白剤はもっと強いアルカリ性なので、酸性の汚れに強い洗剤ができます。
強力なパワーを持つ掃除洗剤を作成するには、重曹と酸素系漂白剤、水がなくてはいけません。
重曹を1、酸素系漂白剤も1の割合で混ぜ合わせていきますが、水を加えながら硬さを調整していきます。
タイル目地やゴムパッキンの厄介な汚れを取り去るための掃除では、硬めに完成させた洗剤を塗布した後にラップで覆う形にします。

硬いと流れ落ちてしまうのを気にしなくても良いので、面倒な汚れには硬いタイプがぴったりでしょう。
水も混ぜ合わさっているので、時間が経てば発泡作用が生じて汚れが浮かび上がります。

水を多めに加えてやわらかく作成した洗剤は、食器やまな板などの漂白や除菌に役立ちます。
まな板に使う場合は、洗剤を全体に伸ばすように塗って、ラップを被せてしばらく時間を置きます。
食器を洗う場合には、洗い桶の中にペーストを入れてきちんと溶かしてから食器を入れて、一定時間が過ぎたら洗い流しましょう。

ふきんの除菌や漂白を実行する場合にも力を発揮します。
このような酸素系漂白剤を使用した掃除では成分が強力なため肌トラブルを引き起こすかもしれません。
使用が長時間になるときや肌が強くない人は、ゴム手袋などで保護して肌をガードするようにして下さい。

液体石けんと○○を組み合わせて作るスーパー洗剤

重曹強力洗剤は、重曹に対し液体石けんや粉石けんをプラスして完成させることができます。

重曹の力で汚れを中和して分解し、浮かび出してきた汚れを石けんで包み込んで取り去ることができます。
重曹と石けんのダブルのパワーを生かした掃除洗剤を作成して、汚れた家の中をきれいにしましょう。
重曹は食用や薬用といったものなら心配ないですし、石けんも自然素材の種類を用いれば掃除する場所を問われません。
重曹と混合させる液体石けんは、合成界面活性剤を使っていないものを吟味して利用することがおすすめです。

重曹を2、液体石けんを1の割合でしっかり合わせていけば、ペースト状の強力な掃除洗剤が作り上がります。
重曹と粉石けんは3対1のバランスにして作るのが好ましく、固形タイプのものはおろし金でパウダー状にしてから混ぜます。
固形の石けんを選択する際には、成分表示をよく見るようにします。
強力洗剤を作るのに良い石けんを選ぶには、「石けん」「純石けん」「石けん素地」といった表示があるものにしましょう。
天然の香料が含まれている場合は、掃除した後に心地良い香りを残してくれるので、警戒する必要はありません。
ペースト状であってもパウダー状であっても使用方法に異なる部分はありません。
キッチンの掃除や食器の洗浄、そしてトイレの掃除にも活用できます。

シミが生じた襟や袖口も、直接塗って時間を置いてから洗濯機に入れるだけで簡単にきれいになります。
パウダー状の洗剤に関しては、水分を与えることでペースト状のものと同じように使えます。
振りかけて使うことができるように、入れ物として穴のあいたフタのあるものに入れておくのが好ましいでしょう。

クリーナー洗剤よりも汚れをよく落とす方法

重曹は、家中全ての場所の掃除に使っていくことができます。
ホームセンターやドラッグストアに足を運べば、掃除をする場所によって色々なクリーナー洗剤が用意されています。
掃除洗剤の多くは、効果は得られても肌にかける負担は大きく、肌荒れなどの不安要素があります。

しかし、重曹なら安心してたっぷり使用できます。
擦り洗いの頻度が高いキッチン周りや食器などを洗浄するには、磨き粉として重曹を使用するのをおすすめします。

茶渋などの面倒な汚れに対しては、重曹を水に溶かしてそこに浸けておくことで容易に汚れを無くすことが可能です。
重曹は汚れを浮かばせるという作用を持っているので、これを用いて焦げ付きが出ているところや、湯垢なども容易に取り除くことが可能です。
重曹には消臭効果があるので、掃除をしながら消臭効果も期待できます。
それほど危険なものではないですから、食べ物を収納しておく冷蔵庫の掃除にも心配せずに使えます。

直接、生ゴミにかけておくだけで、消臭作用が働いて臭くならないので、掃除以外でも力を発揮します。
排水溝の掃除については、直接振りかけたまま一定時間待って流すやり方が効果的です。
汚れやぬめりだけでなく、ニオイも解消してくれます。
振りかけた際に水を少しかけておくだけで、発泡作用で長い時間汚れに効果を発揮してくれるためバスルームの掃除にも効果的です。

見逃しがちなじゅうたんに対しても振りかけるだけで、気になるニオイや雑菌をいとも簡単に排除してくれます。
お部屋の拭き掃除に取り入れれば、掃除を行いながら除菌も可能となります。
掃除だけにとどまらず様々な使い道があるため、重曹を一つ持っているだけであらゆる日常生活で活躍させることができます。

重曹をお掃除で活躍させよう

今は、掃除アイテムの一種類として重曹を使う人が増えてきました。
テレビや雑誌でも、重曹を用いた掃除の仕方は大々的に紹介されるくらいの注目度の高いものなのです。
重曹には、炭酸水素ナトリウムというれっきとした正式名称があります。

相当に前からあるもので、炭酸水素は重炭酸、ナトリウムは曹達(ソーダ)と呼ばれていたので、省略して重曹と言われるようになりました。
重曹と言うと、お菓子やパンなどを作る際に使用するふくらし粉を思い浮かべる人もいるでしょう。
実際は、食用以外にも医療や工業などいろいろな分野で力を発揮しています。
重曹にはざっと分けて5つの働きを目にすることができます。

膨張作用に始まり、中和作用や消臭作用、研磨作用や軟水化作用の5つが挙げられます。

この作用はどれもが掃除をする上で有効なものなので、重曹が必要なものとされています。
中和作用というのは、汚れが酸化したものを弱アルカリ性水に溶かした重曹が中和するという効果です。
消臭作用と呼ばれるものは、酸性化した悪臭の原因になる汚れに対して先述の通り中和を実現することでにおいを解消するという働きです。
また、やわらかい分子構造が特徴で、負担をかけずに磨けるということが判明しています。
膨張作用とは発砲作用とも呼ばれ、汚れの中心部分にまで行き届き、しみとなった厄介な汚れにも入り込み汚れを浮き上がらせる働きをします。

最後の軟水化作用とは、水が重曹の力によりやわらかくなり洗浄力を向上させることを指します。
この5つの作用を上手に使って、あらゆる掃除の場所で活躍させましょう。
使い方にはコツがありますから、場所や汚れに適した方法で行い適切に利用するのが良いでしょう。

簡単に出来る重曹を使った強力洗剤

粉末の状態で重曹は売られていますが、それ単体で使ったり、他のアイテムと一緒にして新しい強力洗剤を編み出して掃除に利用します。

食用の重曹を使えば、安心して部屋の至る場所の掃除に使用できます。
粉の状態で利用するのが基本的ですが、汚れに直で振りかけて磨いたり、嫌なニオイが出ているところに振りかけて掃除機で吸い上げる方法もあるでしょう。
洗うことが不可能な布製品などでも、振りかけてから吸引をするテクニックで十分な効果が獲得できます。
除菌にも効果を発揮するので、洗えないものの雑菌の繁殖を抑えることが可能です。
水に溶けた状態で利用すれば、つけおき洗いが可能です。
つけおきをしているうちに、汚れを強力に分解してくれますから、食器や衣服や化粧小物といったものは容易にきれいになるでしょう。

重曹のなめらかな粒は傷つきにくいので、擦り洗いも心配せず行うことができます。
ここまでに関しては、重曹のみを駆使した掃除方法でしたが、重曹に石けんを加えることによってパワーアップした洗浄剤が誕生します。
これを使用すれば、本来専用洗剤を必要とするトイレの汚れや、キッチンの油汚れでもたやすくきれいにすることが可能になります。
重曹に液体の石けんを追加したもの、重曹に粉状の石けんを追加したものなど、使い分けが可能になります。
なお、重曹に漂白剤をプラスすると除菌剤やカビ取り剤になります。

様々なところで使うことができるので、台所専用とかお風呂専用とか場所による使い分けは不要です。
重曹を用いた洗剤に自分の気に入っている香りを加えることも可能です。
重曹と精油を組み合わせるだけですが、香りによっては害虫を遠ざけるものもあるため、それを踏まえて使用すれば掃除だけでなく虫除けにも効果を発揮します。

1 2