1. まとめトップ

正しく知っておきたい、餅をのどに詰まらせた場合の対処法とは?

餅を喉に詰まらせてしまった場合の対処法などを、まとめてみました。

更新日: 2016年02月25日

9 お気に入り 193719 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-------------------------------------------------------------------

おもちは、最も窒息を引き起こしやすい食べ物です。体外では、五〇~六〇度で柔らかく伸びやすくなりますが、口の中に入ると、温度が低下し硬く粘っこくなるので、注意が必要です。

●予防には●

高齢者や幼児等の窒息事故を防ぐためのポイントとして、

食べる人の能力に応じて、一口で食べやすい大きさに切っておく。
入れ歯などをちゃんと入れる。
普段の食事以上によく噛むことを意識する。
飲み込まないうちに、次のお餅を口に入れない。
食べる時には、一人でいないように気をつける。

喉に詰まらせないよう、お餅は小さく切ってから口にするようにしましょう。また、少し寂しいですが、咀嚼能力が低下しているお年寄りには、白玉団子のお雑煮で我慢してもらうのも手です。

食事のときは、お茶や水などを飲んで、のどを湿らせてから食べるようにする。
お年よりは、唾液が出にくい場合があるので、食べる前にのどをしめらせましょう。

「それでも気管に食べ物が詰まったときには、家族や周りの人はすぐに救急車を呼んでください。その際状況を明確に伝えて、救急車が到着するまでの指示を受けるように」

●対処法●

窒息を起こし呼吸ができなくなったことを、
他の人に知らせる世界共通のサイン。

チョークサインを出しているとき、声を出せないとき、
顔色が急に真っ青になったときなどは、
食べ物などにより気道が塞がれていることが疑われます。
そのようなときは大きな声で助けを呼び、
119番通報とAEDの搬送を依頼し、直ちに気道異物除去を始めます。

まず、気分を落ち着けて救急車を呼びましょう。

到着を待つ間の応急処置

1:直接取り出し

まず頭を低くさせて、背中をたたく。それでももちが出てこないときは、口の中をのぞいて、指で取れるようなら指でかき出すとよいでしょう

2:ハイムリック法(ハイムリッヒ法とも言います)

※ 上腹部圧迫法(ハイムリック法)は、
10歳以下場合、胃や肝臓などの臓器を損傷・破裂させる危険性があります。
背中をたたくだけにしましょう。

2.吸出し法

掃除機を使用する場合は、隙間掃除などに使う先端が細くなったノズルをつけ、十分に喉の奥まで差し込んだ後にスイッチを入れます。差し込み方が十分でないと、舌や口蓋垂(こうがいすい)を吸い込んでしまうので要注意です。

※ただし、掃除機を使用する方法は肺にかかる負担が大きいので、あまり推奨されていません。

★子供の場合

口の奥にある異物は指でとりのぞくのは困難です。
かえって異物を奥に押し込みかねないので、のどの奥に無理に指を突っ込まないようにしましょう。

1 2