1. まとめトップ

空腹時のお腹の音を高確率で止める5つの方法

会社の会議や学校のテスト静かなところで鳴ってしまう空腹時のお腹の音で恥ずかしい経験をしたことはありませんか?そこでお腹の音をできるだけ止める方法をまとめました

更新日: 2015年09月02日

bc.pikoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
141 お気に入り 1030407 view
お気に入り追加

空腹時にお腹が鳴る理由

空腹になり血中の糖濃度が低下すると、脳がこれを感知し、「お腹がすいた」と感じます。すると脳はいつ糖分が入ってきてもいいように、胃袋の中のものを十二指腸に送り出すよう指令を出します。その結果、胃が伸びたり縮んだりを活発にし、中の空気が圧縮されて、その空気が狭い胃袋の出口から腸に移動する時にグーグーと音が鳴る、これがお腹の音の正体です。

空腹時にはよりたくさんの食べ物がお腹の中に入ってきても大丈夫なように、胃の中を空っぽにして準備運動をするということです。

お腹が鳴る原因は「空気」なのです

お腹が鳴ってしまう駄目な行為

空腹を紛らわそうとして水を大量に飲む

これは最初の約15分間くらいは紛らわせますが、段々とお腹が鳴りやすくなりますし
お腹の音も水を飲まない場合に比べて大きくなりやすいです

早食いはダメ!

早食いをするとお腹の中に空気を入れてしまいます
結果お腹が鳴りやすくなってしまいます

猫背は鳴りやすくなる

猫背だと音が鳴りやすくなってしまいます

カフェイン系の飲み物はダメ!

これは個人差があると思いますが、胃に負担がかかる飲み物は極力避けたほうがよいです

炭酸飲料は避ける!

炭酸飲料を飲むと満腹感がありますが効果は一時的です
お腹がなる原因は空気なので避けましょう

そんな手強いお腹の音を高確率で止める方法

▼お腹が鳴りにくくするために

ゲップをしてお腹の空気をあらかじめ出すとよい

お腹の空気を出しておくと空腹のモヤモヤ感が和らぎます

意識しない

要は「開き直り」です
気にしないでいると鳴らないですよ

周りの人に公言する

意識の問題からかお腹がなりそうなことを公言するとお腹がならないという場合もあるようです

絶対鳴りたくないという場合は1つおにぎりを食べましょう

やはり安心感がありますし手軽です

▼お腹が鳴りそうな時に音を回避する5つの技

1.背を伸ばしお腹を少し膨らまして胃に少し力を入れる

上記のことをする事によってあの独特な胃のモヤモヤが和らぐはずです
基本的にはこの方法が一番止めやすいと思います

2.お腹を凹ませお腹に力を入れる

先ほど紹介した1と交互にするとそこまで疲れることも無く予防できると思います

3.大きく息を吸って息を止めお腹に力を入れる

大きく息を吸って息を止めればおなかの音は止まると聞いたことがある方もいると思います
しかしそれだけでは音が鳴ることが多いのでプラスお腹に力を入れれば多少は鳴りにくくなります

4.胃に力を入れる事ができない場合は親指などで胃を押す

空腹時に胃を押すと多少痛みがあると思います
そこを親指で押すと鳴りにくくなります

5.お腹をグーでトントンと痛くない程度に叩く

胃の辺りをトントンとグーでマッサージするように叩けば
空腹のモヤモヤ感が感じにくくなるはずです

下記リンクで詳しい方法が解説されています。

1





bc.pikoさん