出典 sp.natalie.mu

子供の頃から歌手になるのが夢だった。モデルで活躍しながらも、常に「どうしたら歌える道に進めるか?」と考え続けていたという[1]。そして、親に大学に行くことをやめてでも歌を歌いたいと言い、絶対に10代でデビューしなければと思っていた[27]。しかし、自分が目指していた音楽性やファッションをともに体現するアヴリル・ラヴィーンが先にデビューしてしまい、焦りを感じる。その後、MCを務めていたsakusakuの番組プロデューサー武内和之に、「英語歌詞も歌うような西海岸風の、ロックでバンドっぽい音楽をやりたい」と切り出したことでCDを出せることになった。[2]

この情報が含まれているまとめはこちら

“好き”に向かって変わる“彩り”、木村カエラとは

1984年10月24日生まれ。女性歌手、ファッションモデルの木村カエラさんはこんな人。

このまとめを見る