1. まとめトップ

ステータスの高そうな日本の苗字

特別なスキルを持っていそうな苗字を集めてみました。

更新日: 2014年11月15日

tmtm001さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
107 お気に入り 344111 view
お気に入り追加

平等院鳳凰堂が由来だと思われるが、詳細は不明。

熊本県下益城郡美里町にごく少数見られる。

存続が危ぶまれるほど稀少な苗字なんだそうです。

発祥など詳細は不明、全国に4世帯のみ。

『あ』と読む世帯も。語源は小石の多い土地や乾いた砂地、烏から。

古代中国では鴉を太陽の化身として崇め、「淮南子」にも記載がある。日本でもその神話は取り入れられ、「八咫烏」という形で神話に残っている。古代信仰の名残。

現在では和歌山県有田郡などにみられる。

『なまため』と読む世帯も。

福島県いわき市に多数みられる。

現在、福岡県遠賀郡岡垣町などに4世帯。

発祥など詳細は不明、全国に3世帯のみとのこと。

東の方位や青龍寺などの寺にまつわる地名が由来。

能登国羽咋郡粟生(現在の石川県北部)が起源のひとつである。

東京都にみられる苗字。

薩摩(現在の鹿児島県)が起源とも言われる。

現在では鹿児島県、特に薩摩郡入来町浦之名に集住している。

『あかき』と読む世帯も。

発祥など詳細は不明、全国に2世帯のみ。

長野県北安雲郡白馬村北城。

青木の「木」を霊意を強めるために「鬼」に変更したとされる。

赤鬼さんに比べると多い苗字だが、それでも16世帯と稀少。

『なぎり』『ひゃくき』『ももき』『きなり』など読み方は多数ある。

遠江(現在の静岡県西部)が起源とも言われる。

現在では静岡県、特に磐田市に集中してみられる。

『あかつき』『しゃづき』と読む世帯も。

山城国(現在の京都府)が起源。

京都府、山口県にみられる。

発祥など詳細は不明、全国に1世帯のみとされている。

越中(現在の富山県)、越後(現在の新潟県)、岩代(現在の福島県西半部)に蛇喰邑あるといわれている。

現在は石川県輪島市にみられる。

『ばくろだ』と読む世帯も。

伊予(現在の愛媛県)発祥ともいわれる。

現在も愛媛県にみられる。

剣持氏などが関連にある苗字。

岐阜県美濃市や関市に多数みられる。

発祥など詳細は不明、全国に7世帯のみ。

「武」は竹の字を改めたものとのこと。

福井県福井市にみられる苗字。

大和(現在の奈良県)発祥ともいわれる。

現在は奈良県から大阪府にみられる。

出典ameblo.jp

発祥など詳細は不明。

現在、全国に1世帯のみとされている。

出典ameblo.jp

発祥など詳細は不明。

現在は東京都にわずかにみられる。

『たつかみ』と読む世帯も。

紀伊国日高郡竜神村(現和歌山県と三重県南部)が起源。

現在では和歌山県日高郡に多数みられる。

岐阜市の雲竜町が発祥とも。

現在では富山県に多く、東砺波郡福野町下吉江に集中してみられる。

発祥など詳細は不明。

広島県広島市などにみられる苗字。

滋賀県東近江市、浄土真宗の浄願寺が由来。

皇花山の「皇」の字が語源とも。

滋賀県、千葉県にみられる苗字。

発祥など詳細は不明。

全国に9世帯のみとされている。

発祥など詳細は不明。

現在、全国に1世帯のみとのこと。

である上野国勢多郡溝呂木邑(現在の群馬県)発祥ともいわれる。

現在では東京都と埼玉県にみられる。

十界の一、鬼界に由来するとの説がある。

現在は京都府宇治市にみられる。

発祥など詳細は不明。

現在は全国に7世帯のみとされている。

三重県、京都府、神奈川県にみられる。

1 2





tmtm001さん