出典 i.gzn.jp

20年後 不老不死が実現する

人の細胞は、細胞分裂を繰り返し、新しい細胞を作ることで、若さを保つことができる。しかし、細胞分裂ができる回数は、生まれながらに決まっていて、その回数分の分裂が終了すれば、それ以上分裂できずに細胞は死んでしまう。これが老化である。


しかし近年、細胞分裂できる回数を増やすことができる物質が発見されており、人間への実用化まであと20年といわれている。