1. まとめトップ
  2. 雑学

「暗い」と話題に…JR鎌倉駅の発車メロディーの曲って?

年始には多くの初詣客が訪れる古都・鎌倉ですが、昨年からJR鎌倉駅の発車メロディーが変わっていたことをご存知ですか?ネットでは「暗い」との声も上がっている、その曲の正体とは…?

更新日: 2014年01月03日

ピュンマさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
200 お気に入り 192877 view
お気に入り追加

JR鎌倉駅の発車メロディーが「暗い」と話題に…

横須賀線乗ってるとこ 鎌倉の 駅メロが暗い なぜなんだ

こちらがその発車メロディーです

鎌倉駅の発車メロディの曲、幼稚園の時から知っているんだが。でも、駅で使うには暗すぎる

気になるこの曲は、童謡「鎌倉」

童謡「鎌倉」は、明治43年「尋常小学読本唱歌」として発表され、かつては音楽の教科書に載っていましたが、今では鎌倉市内の学校でも歌われる機会はほとんどないそうです。

発車メロディは2013年7月1日から童謡「鎌倉」を採用した。

童謡「鎌倉」は、歌詞に七里ガ浜、稲村ガ崎、長谷観音、極楽寺などが入る鎌倉になじみのある唱歌。

しっとりとした旋律が古都・鎌倉の重厚な歴史を感じさせ、緑豊かな街の風景や日陰の涼やかさなどもイメージさせる

3年ほど前から「鎌倉ならではの曲」を検討

歴史と伝統の古都・鎌倉にふさわしい曲ともいえますね。

鎌倉市観光協会などでは、同駅の発車メロディーを鎌倉ならではの曲にできないかという検討が3年ほど前からあった。

市や鎌倉商工会議所などからの要望を受け、「地域の活性化になれば」と決めたという。

「地域の人や観光客に『鎌倉』を感じてもらえる曲ということで、地元からの強い要請で採用を決めた」と話している。

鎌倉市教委は唱歌「鎌倉」を「地名だけでなく歴史も歌い込まれた歌。発車メロディーになったことも一つの契機に、大切にしていきたい」と話す。

JR東日本初となる、フルート演奏

演奏した吉川久子さんによると、「「発車メロディーはお客さんの乗車を急かす目的ではないのでテンポが速くなりすぎないよう気を付けた。流せる長さにも限りがあり、原曲の良さを生かしながらバランスを保つのが難しかった」そうです。

音源は鎌倉にゆかりのある「吉川久子さん」によるフルートの生音です。

駅の発車メロディーは電子音が主だが、フルートの音源にするのはJR東日本では初の試みとなる。

メロディは上り・下りで、曲中の異なる部分が流れ、発車が重なる時には四重奏のような響きになるそうです。

1





ピュンマさん