1. まとめトップ

スティーブジョブズを超える男!!イーロン・マスクとは!?

天才経営者+発明家。スタンフォードを2日で辞め、ペイパルを創業売却後資金を得、テスラモーターズでポルシェより早い電気自動車を作り、民間で初めて国際宇宙ステーションドッキングに成功した偉人。その情報をとくとご覧あれ。

更新日: 2017年01月02日

26 お気に入り 17517 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

天才経営者・発明家「イーロン・マスク」

皆さんはイーロン・マスクをご存知ですか!?
実は、この人ビジネス界やアメリカでは超有名で、既に今世紀最大の経営者・発明家と言われています。その凄さをここでまとめさせて頂きます。

10歳で既にプログラミングをマスター!?その後、17歳でアメリカに!!とにかく行動力が凄い!!

イーロン・マスクは子供の頃、両親の仕事の都合で引越しが多かったために友達ができず、一人で本ばかり読んでいた内向的な少年だったが、それによりコンピュータに強い感心を抱き、10歳のときに"独学で”プログラミングを学習。そして若干、12歳で対戦ゲームソフトを制作し、数百ドルで販売していた

イーロンは南アフリカ共和国に生まれた後、10歳でプログラミングを独学でマスター。その後、12歳の時にすでにゲームソフトを作り500ドルで販売していたそう。また、そのご17歳で母国を旅立ちアメリカに行ったという。

イーロン・マスクは南アフリカ共和国の出身で、「アメリカのやる気さえあれば何でもできるという精神と最先端のテクノロジー」に惹かれ、母親の親戚がいるカナダに17歳の時に単身で留学を果たした。

スタンフォード大を2日で自主退学!?

あのスティーブジョブズも在籍した西のハーバードと有名な「スタンフォード」をたった2日で辞めたというには驚きだ........

退学後、paypalの前身となる会社の売却益で億万長者に。

その後大学を退学したイーロンは、ソフト制作会社「Zip2」を起業。その後この「Zip2」を業界大手のコンパック社に約300億円で販売すると、この売却益で得た約22億円を元にインターネット決済サービス会社「Xドットコム」を立ち上げる。(後にあの有名なペイパル社に変わる)
その後、世界的ネットオークション大手のEBAYがXドットコムを1500億で回収し、イーロンもその売却益で約170億円を得、一躍億万長者に!!

いわばペイパルの礎を築いたイーロン。

ネットオークション大手のEBAYがPAYPALを買収。

ここからが凄いイーロン。なんと次は宇宙!?

民間人で宇宙を目指すといったのは、あのホリエモン以降記憶にない。

「人類の繁栄には地球以外の惑星をコロニー化することが必須で、そのためには移動手段が必要だ。しかし、NASAは火星に人類を送り込むことすら諦めてしまっていて、このままでは人類の未来が危ういので自分でやることにした」

普通の億万長者とイーロンとの決定的な違いはここだろう。
通常ならば、手に入れた財産で遊ぶ惚けるのが世の成功者の常であるが、イーロンにとっては財産は、幼少時代に抱いた夢をかなえるためのあくまで手段。
 イーロンは、「いづれ人類は地球以外の惑星で住まなくてはいけない」という理念のもと、火星に人類を送り込みたいと考えており、そのために民間の宇宙ロケットベンチャー「スペースX」を立ち上げた。

わずか起業6年で独自開発ロケット「ファルコン1」の打ち上げに成功。

その更に2年後に、国際宇宙ステーションに宇宙船「ドラゴン」を民間として初めてドッキングに成功。

ホリエモンもびっくりの成功の連続。

宇宙事業と平行してテスラモーターズの会長になり、世界一格好いい電気自動車を作る

イーロンはEVカーの弱点だった充電ステーションを独自に全米に展開し、米大陸の横断を可能にしようと動き出した。個々の充電ステーションは太陽光パネルを有し、セルフ発電による余った電力を売電することも可能だ。太陽光パネルの設置は「ソーラーシティ社」が行うが、これもイーロンが会長を務める会社である。
参考:http://dot.asahi.com/dot/2013120600019.html

ロケット、EVカー、太陽光発電、どれもが国家レベルでも手を焼く難事業だが、それをイーロンはひとりでやろうとしている。アップルのスティーブ・ジョブズは、パーソナルコンピュータで人々の生活に革新をもたらした。ジョブズを超えると言われているイーロン・マスクは、人類と地球の歴史を変えようとしている。
参考:http://dot.asahi.com/dot/2013120600019.html

1