原作シリーズ一作目ともありジェームズ・ボンドらしからぬ行き当たりばったりの荒っぽい暴力シーンや、スマートにこなせない初々しいボンドが喜怒哀楽を表現しながら陰謀と任務の狭間に迷い込む姿が“6代目ボンド”ダニエル・クレイグと共に新鮮に描かれています。

出典「死の淵に咲く冷静さを求めて」 007/カジノ・ロワイヤル/ユーザーレビュー - Yahoo!映画

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

必見!時代を超えた“五つ星の名作” おすすめ【スパイ映画】 ベスト20

“007シリーズ”などの名作から“ミッション インポッシブル シリーズ”などの最近の作品まで、ヤフーやAMAZON他のユーザーレビューで5つ星の高評価を多数得ているスパイ(CIA,MI6,モサド、KGBなどの情報機関)映画を厳選して、ベスト20を選びました。予告動画やレビューも掲載!

このまとめを見る